読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

長寿・健康の秘訣は?『100歳まで健康に生きるための111の話』

健康で長生き。

健康で長寿が望みという人は、多いのではないでしょうか。

私も、最近、健康に興味があるので、こちらの『100歳まで健康に生きるための111の話』を読みました。

 

白澤教授が贈る 100歳まで健康に生きるための111の話

白澤教授が贈る 100歳まで健康に生きるための111の話

 

 目次
第1章 アンチエイジング
第2章 老化
第3章 認知機能
第4章 糖尿病
第5章 肥満
第6章 食事
第7章 運動

 

腹七分目が長寿の秘訣

昔から「腹八分目」というが、日野原先生が実践していたのはそれより少し厳しめの「腹七分目」。

動物実験では腹七分目が寿命を延ばすことが実証されている。

やはり少食が良いようですね。

腹七分目。

 

食べ過ぎは、太ったりもします。

腹七分目で、長生き、長寿ということですね。

 

『革命アンチエイジング』でも

dokushohon.hatenablog.com

 

革命アンチエイジング―若々しく美しく元気に生きる 米国アンチエイジング医学会公認の完全ガイド

革命アンチエイジング―若々しく美しく元気に生きる 米国アンチエイジング医学会公認の完全ガイド

 

 

こちらの『革命アンチエイジング』でも、食事を少なめにすると、長寿につながるということが書かれていました。

 

食事は、少し少なめ。

そういう食事量が、長寿につながるということのようですね。

 

有酸素運動で認知機能も心血管系機能も改善

これまでも、汗ばむ程度の速歩を推奨してきたが、心拍数がある程度上昇する速歩で認知機能が保持できる可能性は高い。

認知機能を保持するだけでなく、骨も強くしなければならないので、できれば外出して日光浴を楽しみながらウオーキングや速歩をすることを心がけたい。

早歩きが良いそうです。

認知機能と心血管系機能も、改善しやすいとのこと。

若いときは、改善というよりも、維持というかなるべく落ちないということになるのでしょう。

 

年を取ってきたら、速歩が良いようですね。

ウォーキングをしている人は見かけます。

どうせやるなら、早歩きが良いということです。

 

長寿・健康の秘訣は?『100歳まで健康に生きるための111の話』

 

白澤教授が贈る 100歳まで健康に生きるための111の話

白澤教授が贈る 100歳まで健康に生きるための111の話

 

 

100歳まで生きたい。

そういう人が多いかどうかわかりません。

ですが、健康に生きたいという人は多そうですよね。

 

この記事で紹介したこと以外にも、健康に生きるために簡単にできることが紹介されていました。

111もあるので、さすがに全部行うというのは無理があるかもしれませんね。

自分ができそうなことからやっていきたいと思っています。

スマホ・パソコンの見過ぎでショボショボしたら【ディディトリニティー 001】

関連記事

 

広告を非表示にする