読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

自分を変えられる人は、何が違うのか?

今日は、『その科学があなたを変える』を読みました。

 

その科学があなたを変える

その科学があなたを変える

 

 

自分を変えたい。

そう考えている人は、多いのかもしれません。

そんな人が読むと、参考になる本ですね。

 

本書では、自分を変える方法について、書かれています。

いろいろと例が書かれていて、興味深く読むことができます。

自分を変えたい、そういう人が読むと、おもしろく読むことができますし、自分を変えるため、自分に合った方法を知ることができると思いました。

 

印象に残ったことは、

そうであるかのように振る舞う

ということです。

 

例えば、強くありたい、強い人間になりたいと思ったら、自分は強い人間だと思って、そのような人が振る舞うように、行動する。

そうすると、例えば、そうでないよりも、痛みに強くなっていたりする。

 

リーダーになりたい。

としたら、リーダーなら、このように振る舞うだろうというように、行動する。

そうすると、リーダーらしくなっていく。

 

自分を変えられる人は、何が違うのか?

ある意味、演技をするということに似ていると思います。

俳優が、役に入り込んで、日常も役と同じような行動をしてしまう。

そういうところが、人間にはある。

だから、自分を変えたいのであれば、そうであるかのように振る舞う、行動する。

その積み重ねで、自分を変えられるようになる。

 

ということです。

 

言われてみれば、当たり前というか、要は、そういうことだなと思います。

だから、たいしたことを言っていないといえるのかもしれません。

しかし、本書で出てくる事例を知って、その結果を見ると、たしかにそうなのだろうと思います。

 

振る舞いが、きっかけになる

振る舞ったから必ずできるわけではないでしょう。

ただ、きっかけにはなると思います。

 

そして、そのきっかけをつかむということができるかどうかは、案外大きいのではないでしょうか。

 

今の自分が、昔の自分と同じという人は、いないでしょう。

仕事をしていれば、やはり成長が必要になるでしょうから、スキルアップをするなどを求められます。

そんなときに、「できる人」の振る舞いを学んで、うまくきっかけをつかむことができれば、スタートとしては、うまく行っていると思います。

 

失敗しやすいときというのは、最初に挫折して、そこからなかなか改善できないときだったりするので、スタートをうまく切ることができれば、勢いに乗ることができるのではないでしょうか。

 

自分を変えられる人の、始まりは、「そうであるかのように振る舞う」。

そういうことなのではないか、と思いました。

 

そして、始め良ければ、終わり良しで、自分を変えていけるようになる。

そのきっかけとして、この本を読んでみて、「できる人」のように振る舞ってみると良さそうです。

 

その科学があなたを変える

その科学があなたを変える

 

 

 

 

広告を非表示にする