読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

本を読みたくないときに【読書】

本を読みたくないとき、というのがありますよね。

そういう気分というか。

 

どういうときか、は人それぞれかもしれませんが、忙しかったりすると、読みたくないというのもあるかもしれません。

逆に、読みたくなるというのもあるかもしれませんが。

 

どうでも良いような話

そんな本を読みたくないときに、どうするか?

というのは、どうでも良いような話です。

 

読みたければ読めば良いし、読みたくなければ、読まなければ良いわけで。

 

読書を習慣にしたいなら

ただ、読書を習慣にしたいとしたら、読みたくないときも、何か手に取って見ると良いですね。

読み始めると、おもしろくなるということもありますから。

もちろん、つまらない本だったということもあるでしょうけれど。

 

気分に合った本を読むのが良いけれど

そして、気分に合った本を読むのが、一番気分が乗って読むことができると思います。

だから、積ん読もあったほうが良いかもしれません。

しかし、気分は変わりますから、読んでみたら、おもしろいということはあるでしょう。

 

自分なりの読書につながる

と、どうでも良いような話ですが、

本を読みたくないときに、どうするか?

といったことも考えてみると、自分なりの読書につながるのではないかと思います。

面白い本 (岩波新書)

面白い本 (岩波新書)

 

 

もっと面白い本 (岩波新書)

もっと面白い本 (岩波新書)

 

 

 

広告を非表示にする