読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

なぜ「最初の3年」の記事がバズったのか?

今日のお昼のこちらの記事、あまりバズらなかったかもしれません。

必ずバズるコンテンツ・ブログ記事を書くには? - 読書で本から学ぶブログ

というか、中途半場な感じで、ある意味、予想通りだったような気がしますが。。。

やはり要素が足りなかったのでしょうか。

ただある程度は、はてなブックマークしていただいたようで、ありがとうございます。

まだ、これからもう少しバズるかもしれませんが。

 

で、表題の件ですが、

最初の3年で仕事人生の大半が決まる説 - sudoken Blog

こちらの記事が話題になっていましたね。何か書きたいと思っていたのですが、なかなか書くことができずにいました。

ちょっとこの記事がなぜなぜバズったのか、話題になったのかを、前の記事で書いたように『アイデアのチカラ』の「SUCCES」という6つの原則で考えたいと思います。

これを考えてみると、SUCCESが使えるのかどうかもわかるかもしれませんから。

 

アイデアのちから

アイデアのちから

 

 

Simple(単純明快である)

「最初の3年」というフレーズは、覚えやすいですね。単純明快です。

Unexpected(意外性がある)

意外性はあったでしょうか?最初の1年でないところが、意外と言えば言えるかもしれません。

ただ、石の上にも三年という言葉があるので、それほど意外ということもないかもしれません。

Concrete(具体的である)

具体的か?エピソードなどが書かれていて、具体的でしたね。

仕事の話でもあるので、みなさんイメージもしやすかったのではないかと。

Credible(信頼性がある)

これも、3年目前後の人も、3年目以降の人も、それなりに自分で考えることができるので、自分で確かめることができたように思います。

そして、自分が確かめてみて、意見が二分される。

その通りという人と、いや違うという人と。経験が違うので、こうなるのでしょう。

Emotional(感情に訴える)

これは、みなさん感情に訴えられていたようです。「上から目線」なところが「意識高い系」となって、自分も何か言いたいという気持ちになったのだと思います。

Story(物語性)

書いている人のストーリーが、簡単ですが時系列で書いています。これも当てはまりそうです。

 

全体として、Unexpected以外は、満たしていたのではないでしょうか。Unexpectedについても、意外と言えば、意外でもあったように思います。

 

と考えてみると、かなり当てはまります。

やはり、バズるには、「SUCCES」の原則があると良いのかもしれません。

ブログを書くときなどには、6つの原則を意識して書いてみると、バズる可能性がたかまるかも!?

アイデアのちから

アイデアのちから

 

 

 

広告を非表示にする