読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

世間のブロガーを悩ませている、ブログに書くことがないときにどうするか問題を考えてみた

ブログに書くことが思い浮かばない。。。

そんなときは、ブログを毎日更新したいと思っていると困りますよね。もちろん、無理に更新する必要はないでしょうし、そんなときは思い切って休んでみるというのもありです。

それでも、更新したい。書く時間はあるのだけれど、記事にするネタがない。そんなときにどうするか?世間の一部のブロガーを悩ませているという、この問題を少し考えながら書いてみたいと思います。

 

1.過去の記事をまとめるか、深める

過去の記事をまとめるか、さらに書き足すなどすると、なんとか記事を書けるかもしれません。それなりに更新していれば、いろいろな記事があるはずです。

それらをまとめる。もしくは、そこに付け足す。

そうすれば、なんとか記事になりますよね。少し「せこい方法」ですが、確実に書ける方法です。わたしもたまにやります。ネタがないからというわけでもないですが。

 

2.質問形式にする

「こんなときどうしますか?」というような記事を書く。

「休日はどうしていますか?」といったことから、何か最近、疑問に思っていることを書いてみる。これは答えがあってもなくても良いので書きやすいところではないでしょうか。

私の最近の疑問は、「マイルドヤンキーって流行っているの?」ってことなので、そんなことを、どうしても記事ネタがないときに書いてみるのもありかもしれません。

 

3.天気やニュースなど無難な話を書く

今日の天気や季節について書くのは、無難かもしれませんね。

暑ければ、暑くなってきて、何か思うところなどを書いてみる。書いているうちに、もっと書きたいことが出てくるかもしれません。

誰でも書けることですが、無難に記事にはできる話題だと思います。

その日の気になったニュースなどについて書くというのもありです。

 

4.今日の気分について書く

今日嬉しかったこと、楽しかったことや、その日の気分について書く。気分なので、何かは書くことができるでしょう。

困るのは普通の気分のときかもしれませんが、そんなときでも、穏やかな気持ちについて書けるのではないでしょうか。

気分であれば、何かしら書くことがあると思うので、ブログ記事のネタにできるでしょう。

 

5.誰かの記事に便乗する

何か、他のブログやニュースになっていることについて、自分の考えなどを書く。これなら、ネタを考える必要はないですね。

インプットしたことについて、思ったことを書く。

目に止まったことについて書く。これは、簡単な記事の書き方なのではないかと。ただ、書きたい気持ちになるネタが見つからないと困りますが。

 

6.ブログのネタが落ちてこないか祈る

雨が降らないときには、雨乞いをしますよね。それと同じように、ネタ乞いをする。踊って祈祷する。「ブログのネタよ、落ちてこい。頭に思い浮かべ。」そんな風に祈ってみる。そうすると、もしかしたら、書きたいネタが頭に浮かぶかもしれません。

ネタさえ思い浮かべば、あとは書くだけですから書けますよね。

 

7.ブログ論について書く

ブログ論について書く。これは、結構最後の手段的なことかもしれません。もちろん、そういうことをテーマにしているブログであれば別ですが、別のテーマがあるにも関わらず、ブログについて書く。

ネタ切れの兆候が見られますね。

でも、自分なりに感じていることなどを書くことはできるテーマでしょう。なので、書くことができると思います。

 

今日は、書きたいことがなかったので

ということで、今日の記事はネタがないから書いています。

はい、この記事自体が、ネタ記事ですね。

書評のブログのむずかしいところは、おもしろい本がないとなかなか書けないということです。

ちょっとこのあたりは、もう少し考えたいと思っています。

 

ブロガーのみなさんは、書くネタはどんなときに思い浮かびますか?

 

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア

必ず結果が出るブログ運営テクニック100 プロ・ブロガーが教える“俺メディア"の極意

 

 

広告を非表示にする