読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!

そろそろ年末になってきます。

だからでしょうか、煩悩をどうするかといったことが、気になってきました。

ということで、今日はこちらの『心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!』を読んでみました。

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!―不安・イライラがなくなる本 (王様文庫)

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します!―不安・イライラがなくなる本 (王様文庫)

 

ズバリ解決!とありますが、これは人によるかもしれません。

この本の言っていることで、たしかにズバリ解決するという人もいそうだと思いました。

一方で、それだけでもない気もしました。

これは、その人の悩み次第、性格次第というところかもしれません。

 

「ねばーランド」から「たいランド」へGO!

心の2つの世界。

「ねばーランド」とは、「〜するべき」「〜やらねば」という「義務」と「決まり」「恐怖」によって制限された、自由のないガチガチの世界です。

 

一方、安心の世界の「たいランド」は、「〜したい」「〜する」と自分の意志で選択していく「自由と責任の世界」です。

心の選択で、こういった2つの世界があるということです。

 

自分で選びとる

「妻は家事をしなければならない」と思ったら、

「家事をしたい」

だって、そのほうが気持ちよく暮らせるもの。

 「ねばならない」と考えたら、「したい」に変えてみる。

そうすると、義務ではないので、楽しくなってくる(可能性)がある。

自分で選んでやるので、責任もありますが、自由もあります。

しなくても良いし、したいと思えたら、楽しくもできるだろうということでしょう。

 

考え方を選ぶ

この本では、こういった考え方の選び方を書かれています。

考え方で感じ方が変わってくる。

だから、感情の悩みが減っていく。

そして、悩みが減ると、行動も変わっていく。

周りも変わっていく。

そういうことです。

 

考え方から行動につながっていく

たしかに、こういうところはあります。

自分でマイナスに考えてしまうということもあると思うので、考え方を変えてみるというのはありです。

ただ、現実を変えるとしたら、やはり行動が必要になってくるでしょう。

その前に考え方や感じ方がネガティブで行動できない。

そういう方が読むと、前向きになって、行動につながっていく。

こんなふうに、この本は読んでみて、生かしていくと良さそうです。

 

悩みがち、ネガティブになりがち。そういう人が、「悩み」を軽くして、一歩を踏み出すために読んでみる。

そんな本です。

心屋仁之助の今ある「悩み」をズバリ解決します! (王様文庫)
 

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

 

 

広告を非表示にする