読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』自信を感じる4つのレッスン

自信ありますか?

自信はないよりあったほうが良いでしょう。

自信がないと、なかなか行動できないので、結果がなかなか出ないでしょうから。

『「本当の自信」を手に入れる9つのステップ』では、自信の付け方について書かれています。

小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ

小さなことに左右されない 「本当の自信」を手に入れる9つのステップ

 

 

自信がある、自信がないとはどういうこと?

自信がある

こういう文脈での「自信」は、

自分の脳力によって、なんらかの「成果」が得られることを確信している、

という意味になります。

成果をあげられると思うのが、自身があるということですね。

 

自信がない

「自信がない人」は、「自分が価値が低い」と感じている。

自分のことを価値が低いと考えている。

だから、自分を信じられない。自信がない。

こういうことですね。

 

では、どうしたら、自分が価値があると思って、自信を持てるのでしょうか。

 

「BEの自信」を持つ

「BEの自信」とは、自分に対するそこはかとない肯定感や安心感

自分の存在に対する、肯定感や安心感。

こういうものが、「BEの自信」というのだそうです。

「BEの自信」がある人は、また次の瞬間には自分が大切にしている「あり方」を思い出して、「この現実を受け入れて、自分のできることをがんばろう」などと思い直すことができます。

 そして、「BEの自信」があると、ちょっと失敗したりうまくいなかったりしても、簡単には揺らがない自信を持てるようになるということです。

 

だから、「BEの自信」を持つことが、本当の自信を持つには大切だそうです。

そして、「BEの自信」を持つための方法やレッスンなどが、この本では書かれています。

 

自信を感じる4つのレッスン

1 今に集中する

2 「完璧」を手放す

3 自分なりの「BE」を考える

4 目標を小さく設定する

 

このようなことをやってみると、BEの自信が感じられるようになっていくということです。

今に集中すると余計なことを考えなくて良くなる。

完璧を手放せば、不完全でも自信を持てる。

ありたい自分を考えれば、人と比較しなくなる。

小さい目標なら達成しやすいので、自信になる。

 

このようなところがあるので、自信を持ちやすくなる。

 

自信がないから動けない、動かないからますます自信がなくなる

自信がないから動けない。

動かないからますます自信がなくなる。

 

そして、動かなければ、結果は出ない。

また自信がなくなる。

 

こういうことはあるのだろうと、この本を読みながら思いました。

読む前から、こういうことは感じていたのですが、負の連鎖というか、ネガティブループがあると思います。

どこかで連鎖を切ると良さそう

きっと、自信をつけるには、どこかで連鎖を切ると良いのでしょう。

 

それは、この本で言うように「BEの自信」を持つことなのかもしれませんし、実際に何か行動してみることなのかもしれません。

どこかで連鎖が切れると、新しい連鎖を始められるように思いました。

 

「本当の自信」を手に入れる9つのステップ

目次


1 心の奥の「自信のなさ」に気づく―なぜ、他人にふりまわされてしまうのか?
2 「折れない自信」の正体を知る―「DOの自信」と「BEの自信」
3 無理に「自信をつけよう」としない―「感じる」ことから始めよう
4 「自信がない」のウソを見抜く―「不安」「衝撃」「喪失感」とのつき合い方
5 「今はこれでよい」と受け入れる―すべてのことには、事情がある
6 「ありたい自分」をイメージしてみる―「BEの自信」を手に入れるために
7 「自分はどう見られているか」を考えない―緊張する「相手」「状況」とどうつき合うか
8 「自信を失わせる相手」にふりまわされない―相手の批判をスルッとかわす方法
9 「小さな行動」で一歩踏み出す―こうすれば、もっと自信がつく

 

この本は、9つのステップになっています。

目次を見るとわかりますが、このようなステップです。

 

上で紹介した4つのレッスンは、これらのうちの一部です。

自信をつけて、行動していって、結果を出す。

そんなふうになるような、ポジティブな連鎖に入る、ポジティブループに入る。

そのきっかけとして、この本を読んでみて、レッスンやステップをやってみると良いと思います。

 

 

広告を非表示にする