読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『記憶できる読書術』記憶に残す5つのコツ

本を読んだけれども、内容を覚えていない。

そういうことはありますよね。

私はあまり記憶力が良くないので、内容を思い出せないことがあります。記憶力が良い人は、こういうことはないのかもしれませんが。

だから、メモをしたりしていますが、やはり記憶できたほうが良いなと感じています。ということで、『記憶できる読書術』を読んでみました。

アクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術

アクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術

 

簡単に内容を紹介します。

本の内容を記憶に残す5つのコツ

1.イメージ化を活用する

2.人に話すことを前提に読む

3.構造を意識して要点を押さえながら読む

4.全体を眺めたうえで読む

5.アウトプットする

 

こういう5つのコツがあるということです。この本では、この5つの点についてそれぞれ詳しく紹介されています。

どれも参考になりました。とくに簡単で効果的だなと思ったのは、2の「人に話すことを前提に読む」です。

 

人に話すことを前提に読む

本の内容を人に話すことを前提に読むとしたら、内容を覚えていないと、話すことはできないでしょう。

本を持っていれば、本を見ながら説明できるでしょうけれど、本を持っていないとしたら、内容を覚えていないと話すことはできない。

だとすると、覚えようと自然とするような気がしました。

ブログに書くというのも話すということに似ています。ただ、似ていますが、違うかなとも思います。ブログに書くから、内容を記憶しようと思えるのであれば良いですが、やはり読みながら人に説明すると思ったほうが、自然に覚えようとする気がしました。

 

本だけではなく

これは、本だけではなく、雑誌、テレビ、映画なども、その他のことにも応用できる方法だと思いました。

何かの内容を覚えて、人に伝える。

それには、やはり記憶していないとできません。

人に伝えるつもりで、テレビや映画などを見れば、自然と覚えようとして、覚えられるような気がします。

そう考えると、テスト・試験の勉強などでも、使える方法なのかもしれません。何かを覚えるときには、誰かに教えるつもりで勉強する。内容を伝えるつもりで学ぶ。

そうすると、比較的苦労少なく覚えられるのではないでしょうか。

 

記憶術を読書術に応用している本

この本は、記憶術を読書術に応用しているような内容です。

なので、記憶術を知っている、記憶力に自信があるという人には、当たり前のことかもしれません。

一方で、あまり記憶力には自信がない。本を読んでも、内容を忘れてしまう。そういう人には、役に立つ本でしょう。

また、アウトプットについても書かれています。インプットだけではなく、アウトプットについても知りたいという人にも、参考になることがあるでしょう。

 

私は、まずは、本を読むときは、人に内容を説明する、教えるように読むようにしようと思っています。

アクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術

アクティブ・ブレイン式 記憶できる読書術

 

 

熟読するのはなぜ大切か?『読書の技法』佐藤優 - 読書で本から学ぶブログ

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

 

 

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

Kindle Paperwhite(ニューモデル)

 

 

広告を非表示にする