読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

目標設定の技術、SMARTとは?『これだけ!SMART』

このところ、自分の目標について考えています。なんとなく、目標らしきものが見えてきたような気がしています。

そんななかで、今日は、こちらの『これだけ!SMART』を読みました。

これだけ!  SMART

これだけ! SMART

 

SMARTというのは、目標設定の方法です。

 

SMARTとは?

S:Specific 明確かつ具体的な表現

M:Measurable 誰でも確認できる具体的な数字

A:Achievable 達成可能である

R:Result-based 成果に基づいている

T:Time-line 期限がある

SMARTには、いろいろとバリエーションというか、違いがあるようですが、この本では、このようなことをSMARTとしています。

 

目標は実現したい成果から考える

SMARTのなかで最も大事なのが、「R」で成果から考えるのが大切ということです。

達成したいことかどうか。

ここがはっきりしていないと、モチベーションが続かない。

だから、一番大切ということです。

たしかに、そうですね。

やりたくないことを目標にしても、途中でやめたくなってきてしまって、目標を達成するということにはつながらないでしょう。

 

目標設定を「家」で考える

目標を理想のマイホームを建てる設計図と考えると、わかりやすいだろうということです。

家を建てるとしたら、設計図を考えます。

それと同じように、目標設定も、設計図のようなことを考える。

それが、SMARTということで、家を建てるときの設計図のようなものということです。

 

目標設定で、SMARTが大切

目標の設定の際に、SMARTが大切というのは、それなりに言われていることだと重います。

しかし、意外と5つをそろえられているかというと、どうでしょうか。

できていないことかもしれません。

そうなると、目標達成の可能性が低くなる。

そういうことなのだと、この本を読むとわかります。

逆に言うと、5つをそろえられると、目標達成の可能性が高まるということです。

なぜなら、何をすると良いかが明確になって、行動しやすくなるからです。

 

目標を見つけたら、SMARTで目標を設定する

達成したい目標を見つけたら、SMARTで目標を設定する。こういうことです。

ただ、個人的に思っているのは、達成したい目標を見つけるのがむずかしいということもあります。

この本では、100個やりたいことを書き出すということも紹介されています。

そういう方法もありますし、過去の自分から考えるという方法もあります。

これだっ!という「目標」を見つける本

【ダイジェスト版マイ・ゴール】これだっ!という「目標」を見つける本

【ダイジェスト版マイ・ゴール】これだっ!という「目標」を見つける本

  • 作者: リチャード・H・モリタ,ケン・シェルトン,アーサー・R・ペル,スコット・デガーモ
  • 出版社/メーカー: イーハトーヴフロンティア
  • 発売日: 2007/01/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

目標を見つけたら、SMARTで目標を設定して、行動していくと良さそうです。

 

こちらの記事もどうぞ

目標設定の2つのアプローチ『目標達成の技術』

目標達成の技術

目標達成の技術

 

 

これだけ! SMART

これだけ! SMART

 

 

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

 

Feedlyでも購読ができます。

follow us in feedly

上のボタンから登録してみてください。

 

広告を非表示にする