読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術』

本2015 今日読んだ本の感想

「察しない男」と「説明しない女」。

会話でモメることはありますよね。

ということ、今日はこちらの『「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術』を読みました。

 

「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術

「察しない男」と「説明しない女」のモメない会話術

 

会話でモメるのは、男と女に限らないことでしょうし、人によって「男っぽい」女性、「女っぽい」男性もいると思います。

男、女というのもありますが、タイプが違うとモメてしまうというのはあるのでしょう。

会話例と共に、会話術が書かれています。

 

男は結論を出したい 女はただ話したい

こういうのはよく言われますね。

 

男は情報を交換する 女は感情を交換する

こういう傾向はあるのかもしれません。

そして、男女に関係なく、人によって、タイプがわかれるでしょうから、違うタイプでは、会話が成り立ちにくいところがありますよね。

 

お互いのタイプを考えながら、会話を成立させると良いのだと思います。

 

男は励まされたい 女はなぐさめられたい

失敗して落ち込んだときなどに、

男性は励まして欲しい、女性はなぐさめて欲しい。

そういうこともあるかもしれません。

これも、タイプが違うと、伝え方でモメる原因になることもありそうです。

 

会話のマナー

dokushohon.hatenablog.com

コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術

コミュニケーション能力を鍛えよう! 聴く技術と伝える技術

 

まず、コミュニケーションの基本を知りたい人は、こちらも参考になると思います。

 

マナーなどもわかっていると良いと思うので。

 

会話例とともに知っておくと便利

男性でもなぐさめて欲しいときもあると思いますし、女性でも励まして欲しい人もいると思います。

会話例とともに知っておくと便利ですね。

 

 

一方で思ったことは、相手が自分の望むように話してくれないからといって、あまり気にしすぎるのもどうかなということです。

もちろん、意地悪く言ってくるというのなら別ですが。

相手のことを思って言っているけれども自分の気持ちや考えに合わない。

こういうときは、言葉の意味するところよりも、相手の気持ちを考えたほうがよいのではないでしょうか。

 

会話を改善したい方はこちらの記事・本もどうぞ

会話力の改善に参考にした本10冊 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

広告を非表示にする