読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

英語の勉強は筋トレのようなもの『村上式シンプル英語勉強法』

今日は、こちらの『村上式シンプル英語勉強法』を読みました。

 

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

村上式シンプル英語勉強法―使える英語を、本気で身につける

 

Googleの副社長兼日本法人社長だった、村上憲郎氏が英語の勉強法について書かれています。

一番印象に残ったこと。

それは、英語の勉強は筋トレのようなものということです。

 

英語は、筋力をつけるのと同じ

英語を頭で考えない。英語を体に覚えさせる。日本語しか知らない体に、英語を使える筋肉を追加していく。これが村上式シンプル英語勉強法の基本ポリシーです。

筋肉をつけていく。

そういう感じということです。

そして、この本での勉強法は、「筋トレっぽい」感じのことも書かれています。

 

毎日英単語「1万語」を全部見る

毎日10語ずつをコツコと・・・・・・なんていうのはダメ。毎日1万語、全部見る。少しずつではなくて、一気呵成に徹底してやる。

英単語を、平日は3000語、土日は1万語を「見る」。

こうすると、英単語を「覚えられる」ということです。

見たことがあって、意味がわかる。

そういうレベルになっていくということですね。

発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング 

発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)

発信型英語10000語レベル スーパーボキャブラリービルディング(CD3枚付) (CD BOOK)

 
ニュース英語パワーボキャビル4000語

ニュース英語パワーボキャビル4000語

 

このあたりが、おすすめの単語集ということです。

他にも紹介されています。

これらを、毎日3000語ぐらい見る。

そうやって、英単語は覚えるということです。筋トレっぽいです。

 

英語を読む、聞く、書く、話す

この他にも、英語を読む、聞く、書く、話すということの目標と方法が書かれています。

かなり力技というか、「体育会系」的な感じです。

英語は「体で覚える」。

こういうことなのだと思います。

 

もう遅いということは、ない

村上氏は、30代から本格的に英語の勉強を始めたそうです。

それでも遅くはないということです。

40代でも大丈夫とのこと。

ストイックな感じのある、勉強法ではありますが、やはり勉強量が大切ということがわかります。

 

また、英語の参考書やテキストが紹介されているので、それらも英語の勉強の参考になります。

これから英語を勉強したい。

そんな人が読んでみると、参考になる本だと思いました。

 

 村上式シンプル英語勉強法

村上式シンプル英語勉強法

村上式シンプル英語勉強法

 

 

こちらの記事と本もどうぞ

日本人の英語勉強法。なぜ日本人はこんなにも英語ができないのか?【書評・感想】

日本人の英語勉強法

日本人の英語勉強法

 

 

広告を非表示にする