読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』先延ばしの3つのタイプ

本2015 今日読んだ本の感想

このところ、なんとなく先延ばししてしまっているような気がしています。

ということで、今日は、こちらの『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』を読みました。

 

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

  • 作者: ピアーズ・スティール,池村千秋
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

なぜ先延ばししてしまうのか。

先延ばしのタイプや先延ばしの方程式など、分かりやすく書かれていました。

先延ばしの対策も書かれていて、先延ばしを減らしたい。

そういう人が読むと、先延ばしが減らせるようになるヒントがいろいろありました。

 

先延ばしの3つのタイプ

どうせ失敗すると決めつけるタイプ

課題が退屈でたまらないタイプ

目の前の誘惑に勝てないタイプ

 

先延ばしには、このような3つのタイプがあるとのこと。

この本では、タイプ分けの簡易テストのようなものがあります。

そこから、自分がどのタイプかわかるようになっています。

 

わたしは、どちらかというと「どうせ失敗すると決めつけるタイプ」でした。

たぶん、いくつかのタイプが混ざっていて、1つだけというわけではないと思いますが。

 

失敗を計算に入れる

人生は、いつも思うとおりに運ぶとは限らない。完璧を求めるのではなく、困難にぶつかったり、後退したりすることを予測しておくべきだ。そうすれば、壁にぶち当たっても、簡単に道をはずれずにすむ。

失敗を計算に入れておく。

失敗したらどうするかを考えておく。

あらかじめ考えておくと、安心ということがまずありますね。

そして、対応策も考えてあれば、実際にうまくいかないときに、考えていないよりは、対応もしやすいでしょう。

 

失敗すると思って動けない人には、失敗を計算しておくというのは、ありでしょうね。

 

つい先延ばししてしまう

『今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

つい先延ばししてしまう。

そういうのはあります。

私の場合は、やはり失敗が「怖い」というのがあるのだと思います。

 

今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ

今日できることを、つい明日に延ばしてしまうあなたへ

 

今日できることは、なるべく今日のうちに。

失敗は、計算しつつ、やっていく。

そうできるようにしたいものです。

 

『ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか』 

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

ヒトはなぜ先延ばしをしてしまうのか

  • 作者: ピアーズ・スティール,池村千秋
  • 出版社/メーカー: CCCメディアハウス
  • 発売日: 2012/06/28
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 2人 クリック: 4回
  • この商品を含むブログ (8件) を見る
 

先延ばし。してしまいます。

 

ここでは、どうせ失敗すると考えるタイプを紹介しましたが、他のタイプについても、書かれています。

 

先延ばしは、少しでも減らせれば、変わってくるのではないでしょうか。

ということで、先延ばしをしてしまう人は、こういう本を読んで、対策を知って、やってみると良いと思います。

私もやってみます。

広告を非表示にする