読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

英単語を覚えるには?『脳科学的に正しい英語学習法』

英語の勉強。

どう勉強することが、脳には良いのでしょうか。

今日は、こちらの『脳科学的に正しい英語学習法』を読みました。

脳科学的に正しい英語学習法

脳科学的に正しい英語学習法

 

英語を勉強するなら、効率的に英語を勉強したい。

そう思います。

ということで、こちらの本を読みました。

 

英単語を覚えるには、興味のあることから覚え始める

記憶系脳番地をうまく刺激して単語を覚えるには、やはりコツがあります。それは、自分が興味を持っているテリトリーから単語を覚えていくということです。

興味を持っている分野。

そこから英単語を覚えていく。

 

こうすると、覚えやすく効率的ということです。

たしかに、興味がないことを、一生懸命覚えようとしても、なかなか覚えられません。

逆に、興味があることなら、記憶しやすいですよね。

 

ピーキングは「声に出して話す」が基本

ピーキングと言うと「会話の例文をたくさん覚えよう」と考える人もいると思いますが、ただ頭で覚えようとするのではなく、きちんと口を動かし、声に出してトレーニングしなくては、いつまでたっても運動系脳番地は育たないのです。

運動系の脳番地を鍛えることが、英語のスピーキングには必要ということです。

だから、声に出して話す。

これが、まずは基本ということです。

 

例文を覚えるときでも、声に出して覚えると良いわけです。

 

努力が続く

こういった方法を知った上で英語の勉強をすると、効率的に勉強できそうですよね。

あとは、続けられると良いのだと思います。

dokushohon.hatenablog.com

努力が勝手に続いてしまう。

努力が勝手に続いてしまう。

 

努力が勝手に続くようにすると良さそうです。

もしくは、勉強を習慣にできると良いのでしょう。

dokushohon.hatenablog.com

1つのことを長く続けられる技術

1つのことを長く続けられる技術

 

 

脳科学的に正しい勉強法と習慣

勉強は、脳科学的に正しい方法で行うと、身につきやすいはずです。

そして、あとは、続けられるかどうかになってくる。

習慣にするなどできれば、勉強も身につくのだと思います。

 

方法と習慣。

この2つがあると、勉強などがうまくできそうですね。

脳科学的に正しい英語学習法 (中経出版)

脳科学的に正しい英語学習法 (中経出版)

 
Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

 

 

広告を非表示にする