読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

脳が冴える快眠法・質の高い睡眠習慣のつくり方

今日は、こちらの『脳が冴える快眠法』を読みました。

質の高い睡眠習慣のつくり方について書かれています。

わかりやすく書かれていました。

これまで紹介した本でも書かれていたこともありますし、睡眠の習慣を作る方法がわかるので、よかったです。

脳が冴える快眠法・質の高い睡眠習慣のつくり方

やはり、快眠できると良いですよね。

脳も冴えて、仕事の効率アップにもつながると思います。

脳が働かないと、仕事の効率が下がって、長時間働くことになってしまって、睡眠時間が短くなって、疲れが取れない。

さらに、効率が悪くなって、仕事時間が長くなる。

という悪循環に入ってしまいます。

脳が冴えるような快眠をできるように、質の高い睡眠習慣をつくりたいです。

 

就寝前の快眠準備パターンをつくろう

1 眠る前にリラックスタイムをつくる

2 考え事や悩みをベッドに持ち込まないようにする

3 睡眠に入るための決め事を自分で確立する

こんな3つのことを行って、快眠の準備のパターンをつくるとよいということです。

 

1 眠る前にリラックスタイムをつくる

眠る前にリラックスタイムをつくる。

これは大切なようです。

いきなり眠ろうとしても、なかなか脳がそうはなっていない。

だから、30分〜1時間ほどのリラックスタイムをつくる。

リラックスすることで、ストレス解消にもつながるでしょう。

こういう時間をつくると、睡眠だけではなく、精神的にも良さそうです。

2 考え事や悩みをベッドに持ち込まないようにする

ベッドでは考えない。

ベッドに入る前にノートに書き込んで、あとで考えるようにする。

そうしないと、なかなか寝付けないということになってしまいます。

だから、ベッドでは考えないようにする。

寝床は、眠る場所だと考えて、考え事はしない。

これは、ときどきやってしまいがちなので、やらないようにしたいです。

3 睡眠に入るための決め事を自分で確立する

新しいことは、やらないほうが良いということです。

いつものパターンを作ってしまう。

すでに読んだことのある本などを読むというのもありだそうです。

刺激がないことで、何か繰り返せることを行うと良いのでしょう。

ごく軽い、マッサージなどもありではないでしょうか。

刺激が強すぎると意味がないですが、さする程度であれば、リラックスできて、眠りにも入りやすくなるので、一石二鳥のように思います。

 

眠る前に、脳を働かせないボーッとする時間をつくる

眠る前に、いきなり眠るのではなく、脳を働かせないボーッとする時間をつくると、脳が眠る準備ができるということです。

いきなり眠ろうとしても、なかなか寝付けない。

そうなってしまっては、寝床に入っても、あまり意味がないでしょう。

眠れなくて、疲れてしまう。

そんなことになったら、何のために眠っているのかわかりません。

眠る前は、脳を休ませる

眠るギリギリまで何かをするのではなく、眠る1時間くらい前には、ボーッとしてみる。

瞑想とまでいかなくても、脳を活発に動かすようなことはしない。

そうすると、寝入りも良いですし、睡眠の質もあがるということです。

その結果、快眠になるということです。

他にも、この本には快眠になるほうほうが書かれていましたが、まずはこれができそうなことだと思います。

眠る1時間くらい前には、ボーッとしてみようと思いました。

 

脳が冴える快眠法

 

仕事力が上がる睡眠の超技法

仕事力が上がる睡眠の超技法

 
関連記事
Kindle Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Wi-Fi、ホワイト、キャンペーン情報つきモデル

 

 

広告を非表示にする