読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『プレゼンは資料作りで決まる!』通る資料作りの6つのステップ

今週は、プレゼンテーションの本を読んでいます。

今日は、こちらの『プレゼンは資料作りで決まる!』を読んだので、ご紹介します。

プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ

プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ

 

企画が通る資料をどうやってつくるか。これがこの本のテーマです。

 

 

「通る資料作り」の6つのステップ

1 仕様を決める

2 構成を決める

3 文を書く

4 ビジュアルを準備する

5 編集する

6 チェックする

 

これが、通る資料作りの6つのステップということです。こういうステップがあるとわかりやすいです。

 

犯人は冒頭で明かす。謎解きはその後じっくりと

6つのステップの中の、3の「文を書く」では、まず結論、もっとも伝えたい概要をタイトルとして見せることが大切ということです。

起承転結ではなく、結から始めて、その理由は、そのあとの資料で説明していく。

こうしておくと、途中までしか読んでもらえないとしても、相手の意思決定には重要なポイントは伝わるからとのことです。

たしかに、こうしておけば、はじめでひきつけることもできるでしょうし、相手に短時間で意思決定をしやすくすることにもなりそうです。

 

ビジュアルは1ページ1点

プレゼンの資料では、写真や図などのビジュアルは、1ページに1点とのことです。

多すぎると迷ってしまうからということです。

図解はあるとわかりやすいですが、1ページに何個もあると、複雑になって伝わりにくくなってしまうでしょう。

シンプルなほうが伝わりやすいわけです。

 

資料の作りかたで、通りやすさが決まる

この本を読むと、資料の作りかたで、企画の通りやすさが決まるというのがわかります。

そして、どういうことを押さえて、資料を作ると良いかもわかります。

この記事で紹介したように、資料作りのステップもわかります。

通るプレゼン資料、通る企画書を作りたい。

そういう人が読むと、資料作りに役立つ本です。

 

プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ

プレゼンは資料作りで決まる! 意思決定を引き寄せる6つのステップ

 

 

図解 話さず決める!プレゼン

図解 話さず決める!プレゼン

 

 

TEDトーク世界最高のプレゼン術 - 読書で本から学ぶブログ

広告を非表示にする