読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『覚えたら一生忘れない最強記憶術』記憶力を上げるには?

本2016 今日読んだ本の感想

あまり記憶力には自信がない私ですが、最近は少し改善したところもあります。

それでも、もう少し記憶力をあげたいと思ったので、こちらの本を読んでみました。

 

覚えたら一生忘れない最強記憶術

覚えたら一生忘れない最強記憶術

 

目次
1章 記憶力をアップさせる「仕組み」
2章 記憶力をアップさせる「公式」
3章 記憶力をアップさせる「イメージ力」
4章 記憶力をアップさせる「五感トレーニング」
5章 記憶力をアップさせる「繰り返しの力」
6章 記憶力をアップさせる「習慣」

 

本のタイトルは、記憶術となっていますが、記憶力をあげる方法です。

「記憶術」と「記憶力」はココが違う

記憶力とは、運動でいえば「基礎体力」に相当します。どんな運動でも、基礎体力がなければうまくできません。サッカーでも、いくらシュートの技術が優れていても、90分走り続ける体力がなければよい選手にはなれません。そしてこのシュートにあたるのが、「記憶術」です。つまり、「記憶術」とは「記憶力」というしっかりした土台があって、初めて役に立つスキルとなります。

スキルと体力。

そんなイメージでしょうか。

技がうまくても、ときどきしかできないと、実力を発揮できない。

いつでも技を使えるように、体力を鍛える。

記憶力も、体力のようなことに相当するものがある。

こういうことだろうと思います。

 

記憶力にも公式があった!

記憶力には公式があります。それは、

K = i × r

で表されます。

 Kは、記憶。

iは、五感・刺激の強さ

rは、繰り返し

ということです。

記憶は、五感、刺激の強さと繰り返しのかけ算ということです。

 

だから、この「i」と「r」をどうすると良いかが、記憶力に関係しているということです。

 

トレーニング法も紹介されている

そして、これらの「i」と「r」を、増やすためのトレーニング方法も、この本で紹介されています。

これらをやることで、体力のような記憶力がアップするということですね。

 

『記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック

 

 

ジャーニー法の発見 試行錯誤するうちに、ついにわかった。カードをコード化するという方法はよかったのに、使い方を間違えていたのだ。カードのイメージを決めてそれを並べるのではなく、頭の中でたどるポイントをあらかじめ決めておき、各カードのイメージ(人、動物、物のいずれか)を、その場所の中のポイントに順番に配置すればいいのだ。ポイントが自然な順番に並んでいて、カードと場所のつながりがしっかりしていれば、確実に順番通りに思い出すことができる。これが私の探し求めていた究極の戦略「ジャーニー法」である。 ジャーニー法という記憶の方法を、著者のオブライエン氏は見つけます。 これが見つかったことで、記憶力が安定して、覚えられるようになったということです。

『記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

こちらには、記憶のテクニック、記憶術が書かれています。

トレーニングも書かれています。

記憶術を知って、記憶力を上げるトレーニングもする。

こうすることで、記憶力が上がるというのはありそうですね。

 

『覚えたら一生忘れない最強記憶術』

覚えたら一生忘れない最強記憶術

覚えたら一生忘れない最強記憶術

 

タイトルは、記憶術とありますが、記憶力をあげる方法が書かれています。

記憶術も書かれていますが、トレーニングというか、記憶力をあげるには、こういうことをすると良いということが書かれています。

記憶術×「記憶力」。

こういう感じで考えると、記憶力が上がるのでしょう。

両方を知って、鍛える。

こんなイメージなのではないでしょうか。

上の『記憶に自信のなかった私が世界記憶力選手権で8回優勝した最強のテクニック』と一緒に読んでみると、記憶力があがると思います。

私も、もう少しトレーニングなどをやってみようと思っています。

Fire タブレット 8GB、ブラック

Fire タブレット 8GB、ブラック

 

 

広告を非表示にする