読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『禅が教えてくれる美しい時間をつくる「所作」の智慧』

時間をどう使うか。

休日の過ごし方や、日々の時間の使い方。

このところ、そんなことが気になっています。

ということで、今日は、こちらの『禅が教えてくれる美しい時間をつくる「所作」の智慧』を読みました。

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧

禅が教えてくれる美しい時間を作る「所作」の智慧

 

 

正しい所作とは、当たり前のことを当たり前に、丁寧におこなうこと

当たり前のことを、当たり前に、心をこめて丁寧におこなう。それが悟るということであり、整った所作、正しい所作でもあるのです。

正しい所作とは、どういうことか?

それは、当たり前に心をこめて丁寧におこなうこと。

 

こういうことだそうです。

 

その所作の具体的なやり方については、この本に、イラストとともに紹介されています。

 

丁寧におこなう。

効率を考えると、これができなかったりします。

休日だけでも、まずは丁寧に過ごしてみる。

こういうことをしてみたいと、この文章を読んで思いました。

 

食事を丁寧に丹念に味わえば、美しい所作になる

たとえ時間はかけられなくても、丁寧にいただくこと、丹念に味わうこと、はできます。九拝まではしなくても、軽く手を合わせて(言葉にしなくてもいいですから)「いただきます」「ごちそうさま」の”一拝”ならできるのではないでしょうか。

食事を丁寧におこなう。

 

いただきます、ごちそうさま。

丁寧に行なう。

食事を味わう。

 

こういうことをすると、美しい所作になる。

そして、気持ちが良いですよね。

 

仏教とは、生きる意味を知ることであり、立ち居ふるまいのすべてが修行

「生を諦め、死を明らむるは、仏家の一大事の因縁なり」

これは道元禅師の言葉ですが、生きるとはどういうことなのか、死をどう捉え、それをどのように受け入れたらいいのか、を見つけるために修行はある、と解釈していいでしょう。

 

生きる意味を知るために、すべてが修行。

こう考えて、所作をしている。

 

こういうことだと思います。

 

仏教ではこういうことだそうです。

 

掃除も心を磨くこと

掃除とは「心を磨く」こと『人生が豊かになる禅、シンプル片づけ術』

人生が豊かになる禅、シンプル片づけ術

人生が豊かになる禅、シンプル片づけ術

 

 

掃除も心を磨くこと。

掃除も修行ということになります。

 

そういう捉え方をすると、変わってきますよね。

 

『禅が教えてくれる美しい時間をつくる「所作」の智慧』

禅が教えてくれる 美しい時間をつくる「所作」の智慧

禅が教えてくれる 美しい時間をつくる「所作」の智慧

 

 

丁寧におこなう。

 

これは、時間が限られている中でおこなうのは、むずかしいところがあります。

ただ、休日であれば、できそうです。

 

まずは、休日に丁寧なことをして、そこから変えていくと、良さそうだなと思ったので、やってみようと思います。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

 

広告を非表示にする