読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

会社で現状に不満があるなら『出世の教科書』

今日は、こちらの『出世の教科書』を読みました。

出世の教科書

出世の教科書

 

出世の教科書ということで、出世について書かれています。

「出世する人」と「窓際の人」ということで、対比で書かれています。

 

現状に不満があるなら

現状に不満があるなら方法は2つしかない。

今いる場所で出世すること。

今いる場所から飛び出して大出世すること。

会社での自分の現状に不満がある。

としたら、今の会社で、評価されるようにする。かもしくは、会社を飛び出して、もっと評価されるようにする。

その2つだということです。

私は、まだ出世したことも大出世したこともないので、これが本当かどうかはわかりません。

ただ、不満があったとしたら、愚痴を言っていても変わらない、仕方がないとは思います。

 

出世する人は、速く丁寧にやる

出世する人は、速く丁寧にやる

窓際の人は、雑にだらだらやる

仕事が、速くて丁寧。理想です。

だらだらやっている。非効率ですし、しかも雑だとしたら、目も当てられません。

早めにとりかかって、丁寧にできるようにしたいものです。

 

出世する人は、まず相手を認める

出世する人は、まず相手を認める

窓際の人は、まず相手を貶す

これはどういうことかというと

この世の中の構造の1つとして、認めた人が上に行き、認められた人が下に行くというものがある。

どんなに優秀でも認められたがり屋さんは、永遠に組織の下っ端のままだ。

逆に才能はそれほどでもないが、人を認める人が組織の頂点に君臨する。

ということです。

人をけなす人は、なかなか上には行けないでしょう。

一時期行けたとしても、そのうち落ちるように思います。

「敵」を作ってしまうと、落とされるというのがあるのと思いますが、人をけなすと、いつの間にか、まわりに広まって、そういう人と思われますから。

 

出世するか、しないか

出生をしたいなら、この本の「出世する人」のように行動すると良いのでしょう。

逆に、あまり出世したくないなら、窓際の人に近い行動をすると良さそうです。

 

出世の教科書。

読んでみると、自分が出世できるかどうかがわかるかもしれません。
 

出世の教科書

出世の教科書

 

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

Kindle Paperwhite Wi-Fi、キャンペーン情報つきモデル

 

こちらの記事と本もどうぞ

昇進・出世するには?『最強「出世」マニュアル』【書評・感想】

最強「出世」マニュアル (マイナビ新書)

最強「出世」マニュアル (マイナビ新書)

 

 

広告を非表示にする