読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

すべての仕事は「逆」から考えるとうまくいく

仕事をうまくいかせたい。

ビジネスパーソンであれば、ほとんどの人がこう思っていることでしょう。

誰も好き好んで、失敗したいとは思っていないでしょうから。

ということで、こちらの本を読んでみました。『すべての仕事は「逆」から考えるとうまくいく』。

すべての仕事は[逆]から考えるとうまくいく

すべての仕事は[逆]から考えるとうまくいく

  • 作者: ロブ・ヴァン・ハーストレッチト,マーティン・シープバウアー,細谷功
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2012/04/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 2回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

理想から考え始めること

この本のタイトルにあるように、逆から考える、理想や目標から考える、これがうまくいかせるコツということです。

これは、問題そのものではなく、理想や目的を考えることから始める問題解決法だ。つまり、問題を分析するのではなく、最初からはっきりとした解決に注目するのである。

問題解決というよりは、目標達成を考えるというところでしょう。

 

問題の根本的な原因を明らかにするのではなく

問題の根本的な原因を明らからにすることになぜ、そんなに時間をかけてはいけないか。それは、分析段階は時間がかかるからだ。ならば、問題の分析(潜在的なものも含め)よりも、解決策の分析(潜在的なものも含め)のほうに時間を費やしたほうがいい。分析段階は、原因を究明することではなく、むしろ状況を前進させるためのてことして捉えるべきだ。

問題の原因を見つけるよりも、より良い状況を作るために分析をしたほうが良いということです。

問題解決が目的ならば、原因を探るのは悪いことではないと思います。

二度と問題が起きないようにするには、原因がわかっていないと、解決しにくいでしょうから。

しかし、目標を達成したいということだとしたら、時間などのリソースの制約などもあるので、達成できる方法を探したほうが良いでしょう。うまくいかない原因がわかったとして、仮に解決できたとしても、うまくいかないことが少しうまくいくというだけで、目標を達成できるとは限らないですから。

 

アプローチの違い

問題解決と目標達成は、似ているところもありますが、アプローチは違うのではないでしょうか。

ここをハッキリさせないと、うまくいくということから遠ざかっているというか、時間がかかってしまうものでしょう。

何に時間をかけるかが変わってきますから。

 

どうしたら、目標達成できるように行動できるのか

ここまでは、言われてみればわかることでしょうし、言われなくてもわかっている人はわかっていることだと思います。

では、どうすると良いのか?

それが、この本の方法論の部分です。

これも、また少し変わっているかもしれません。結論部分は読んでもらうとして、要は、目標達成できるように実行することということです。

言われなくても当たり前かもしれません、しかし、ではどうしたら、目標達成できるように行動できるのか。

ここがわからないとなかなか行動できないでしょう。

ここがわかったような気がするので、この本を読んで良かったです。

 

すべての仕事は[逆]から考えるとうまくいく

すべての仕事は[逆]から考えるとうまくいく

  • 作者: ロブ・ヴァン・ハーストレッチト,マーティン・シープバウアー
  • 出版社/メーカー: 日本実業出版社
  • 発売日: 2014/04/18
  • メディア: Kindle
  • この商品を含むブログを見る
 

 

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

 

 

広告を非表示にする