読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

自分の『やる気のスイッチ』を見つけるには?

今日は、こちらの『やる気のスイッチ』を読みました。

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)

やる気のスイッチ! (Sanctuary books)

 

やる気について、なんとなく考えてみたかったので読んでみました。

 

モヤモヤノート

そんなときは、紙に書き出してみる。

憂鬱な気持ちにさせている原因をすべて。

頭の中で処理するのではなく、実際に文字にしてみるんだ。

なんとなくやる気が出ない。

そんなときは、紙にその原因と思えることを書き出す。

そうすると、心が少し軽くなる。

ブログも、そういうところはあるでしょう。全部書き出すということはないでしょうけれど。

文字にすると、気分が変わるというのはありますね。

そうして、やる気のスイッチが入るということはあるでしょう。

 

スランプ

今までうまくいっていたことが、うまくできなくなる。

そういうのを、スランプなどと言います。

そういうときにどうするか。

好調なときほど、基本に戻るようにする。

これは、スランプの前にこうすると良いということですが、スランプのときでも同じでしょう。

基本に戻る。

そうして、基本からズレていることをしていないか。確かめる。

そういう作業をすると、ズレていることが見つかって、戻してみると、案外うまく行くのではないかと思います。

 

【感想】自分のやる気のスイッチは?

やる気のスイッチ。

そういうものがあるのかないのか。

仮にあったとして、どうしてオフになったり、オンになったりするのか。

自分のやる気のスイッチを探す。

スイッチがオンになるものが何か。

スイッチがオフになるものは何か。

やる気が入ったときや、やる気がなくなったときに、その原因やきっかけをメモしておくと良さそうだなと思いました。

そうしておけば、やる気がなくなったときに、やる気のスイッチが入ることをしてみればよいでしょうし、やる気がなくならないように、対策なども考えることもできそうですから。

 

そんなやる気のスイッチを見つけるきっかけに、こちらの本を読んでみるというのもありだと思います。

 

やる気のスイッチ!

やる気のスイッチ!

 

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

 

 

広告を非表示にする