読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『やる気が出なくて仕事が嫌になったとき読む本』くよくよ、うじうじ悩んでしまう人へ

やる気。

なくなるときありますよね。

ということで、こちらの『やる気が出なくて仕事が嫌になったとき読む本』を読みました。

 

 目次
第1章 やる気っていったい何?
第2章 自分のやる気を観察しよう
第3章 チェックリストで自己分析
第4章 状況別、性格別のやる気を出す方法
第5章 モチベーションを高めるちょっとしたヒント
第6章 上司とやる気は密接に関係する
第7章 やる気向上の方法

 

「やる気のもとリスト」を作ろう

あなたのやる気のもとは、なんですか?どんなことが、「よし、仕事がんばるぞ」という気持ちのみなもとになっているのでしょうか。「○○があるからがんばれる、仕事のやる気がわいてくる」というものを、いくつでも思いつくままに次の頁に書いてください。

やる気のもとリストを作る。

自分のやる気がどこから来ているのか。

それを書き出すということですね。

 

仕事の場合は、ちょっとむずかしいかもしれませんね。

趣味とか遊びなどでも良いので、やる気のもとリストを作ると、楽しく過ごせるのではないかと思いました。

 

くよくよ、うじうじ悩んでしまう人は、思い込みを変えてみる

くよくよ、うじうじ悩んでしまう。

そういうことはあるでしょう。

出来事があり、次にそれを受けとめる思い込みがあり、それによって悩みが生ずる、という3段階があるのです。

悩みが生じるのは、出来事をどう解釈するかという「思い込み」、信念があるということです。

この思い込みや信念を変えることで、悩みにくくなる。

こういうことです。

悩みやすい人は、信念や思い込みを変えてみると良いわけですね。

極端に言ってしまえば、どうとでもなると思っている人は、あまり悩むことはないでしょう。

逆に、完璧を目指しがちな人は、悩みが多くなると言えるでしょう。

 

自分の思い込みや信念を変えてみる。

そこから悩みが変わっていきそうですね。

 

モチベーション3.0で、やる気を持続する

持続するやる気をいかに引き出すか『モチベーション3.0』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

目的とアメがあると良さそう そう考えると、今の時代には、目的とアメがあると良さそうです。 なぜ、そのことをやるのか。 目的がないと、あまりやりたいとは思わないでしょう。 アメがないこと、成果が出ないことを続けるのはむずかしいでしょう。

持続するやる気をいかに引き出すか『モチベーション3.0』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 やる気。

いまいちよくわかっていないことなのかもしれません。

目的があると良さそうだなと思っています。

あとは、「アメ」ですね。

いかにやる気を引き出すか。

このあたりを知りたい方は、『モチベーション3.0』も一緒に読んでみると良いですね。

 

『やる気が出なくて仕事が嫌になったとき読む本』

 

仕事が嫌。

そういう人は、多いのかなと思います。

私は、嫌ではないですが、好きではないかもしれません。

この本は、仕事でやる気が出ないときというよりは、やる気をなくさないようにするための本といった内容でした。

仕事に限らず、人間関係でやる気がなくなるといったこともあると思います。

そんなふうになりにくくする。

そういう方法がなどがわかります。

 

自己分析やチェックリストなどがあるので、それらを行うと、自分のやる気のタイプなどがわかります。

そうして、自分のことを理解して、やる気について考えてみると、モチベーションが落ちてしまうということが減ると思います。

 やる気を維持したい人が読んでみると良いですね。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 
関連記事
広告を非表示にする