読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『愛するということ』を読み返したいかも

Eテレの「100分で名著」は、昨日からエーリッヒ・フロムの『愛するということ』なのですね。

 

愛するということ

愛するということ

 

 ちょうど、

嫌われる覚悟よりも、愛する勇気のほうが強い - 読書で本から学ぶブログ

と書いたので、読み返したい気もします。

 

ただ、昔読んだ記憶だと、それなりにむずかしい本だったような気がします。

そして、そのときからいろいろと学んでいるので、違ったことも感じるのではないかと。

 

そんなことを考えるのであれば、「100分で名著」を見れば良いのでしょうね。

これからは、録画して見てみると良いのかもしれません。

ただ、それほど見たいという気にはならないところもあります。

すでに読んだことがある本だからでしょうか。

 

いずれにしても、本を読んだことがない人は、読んでみるか、テレビを見てみると良いと思います。

読むか見ないと、どういうことかわからないですよね。

 

愛とは、意志であり行為なのではないか。

最近は、そう思っています。

まあ、もちろん感情もあるのですが。

 

それ以上のことを考えても、あまり意味がないというか、あとは、実行だなと思います。

広告を非表示にする