読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

重要なことに集中するための『力の抜きどころ』

80:20の法則というものがあります。

効果や効率を考えるときに、重要なところに集中することの大切です。

なぜなら、時間は有限で、全部はできないから。

 重要な2割に集中するには、ということが、この本では書かれています。

 

上手に力を抜く人

完璧主義の人は

がんばること自体に美徳を感じている

上手に力を抜く人は

がんばらないで結果が出ることに美徳を感じている

これは、この本の一番最初の項目です。

がんばらないで成果が出る。がんばって成果が出る。

どっちでも成果が出れば、それで良いとは思いますが、がんばらなくても成果が出るのであれば、それは時間的にも余裕があるでしょうから、良いような気がします。

問題なのは、がんばっても成果が出ないということだろうと思います。

そうならないようにするにはどうしたら良いのでしょうか。

 

最重要ポイントを見極め、そこに全力を注ぐ

上手に力を抜く人は

売上や成績を支える最重要ポイントを見極め、そこに全力を注ぐ

いわゆる重要な20%に集中するということです。

重要なことを見極めてそこに集中して全力を注ぐということです。

ここの見極めが大切なのでしょう。

そして、重要なところが見極められたら、その他は手放して、重要なところに全力を注ぐ。

こうすると、短時間で成果が出やすいということです。

 

手放すためにグレーゾーンを認める

上手に力を抜く人は

グレーゾーンを認め少しの成長を喜ぶことができる

完璧主義の人は、なかなか手放せないというのはあると思います。

全部やらないと気が済まない。

白か黒。

間違っていることは嫌い。許せない。

他人を批判する人は、自分が許せない人だったりするのでしょう。

そして、他人は間違っていて、信用できないから、任せられなかったりする。

全部を自分で抱え込んでしまう。

力を抜けない。

こうならないで、重要なことに集中するために、グレーゾーンを認める。

そうすれば、手放しやすくなるわけです。

 

重要なことに集中して成果をあげるために

重要な事に集中する。そして、成果をあげる。

そのために、力の抜きどころを知る。

こういったことが書かれています。

 

言われてみれば、当たり前と言えるでしょう。

ただ、できているかというとどうでしょうか。

力の抜きどころを知って、重要なことに集中しようと思います。

 

 

こちらの記事と本もどうぞ

重要な1つのことに集中するには?『ワン・シング』

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

ワン・シング 一点集中がもたらす驚きの効果

 

 

広告を非表示にする