読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

短い時間で勉強して記憶するには?『1分スピード記憶勉強法』

短時間で勉強ができたら、そう思いませんか?

私は、そう思います。

ということで、今日は、『1分スピード記憶勉強法』を読んでみました。

 

「1分スピード記憶」勉強法

「1分スピード記憶」勉強法

 

 

脳が勝手に繰り返すサイクルをつくれ!

脳が記憶するために絶対必要な条件が「くり返し」だということは、もうわかりましたね?「一度で何とか正確に記憶できないだろうか」とあがいても、苦労するだけなのです。

脳が記憶するには、繰り返しが必要ということです。

一度で覚えるのはむずかしい。

才能や能力が高い人であれば、可能なこともあるかもしれませんが、普通の人にはむずかしい。

だから、記憶には繰り返すことが必要ということです。

そして、そのような脳が繰り返すようなサイクル、仕組みをつくると、記憶に残りやすいということです。

 

短くたくさん繰り返す

この本で何度も出てくることは、短くたくさん繰り返すことの大切さです。

1分でもよいので繰り返す。

そうすると、記憶に残りやすいということです。

あとは、他のこと、試験勉強や英語の勉強、本を記憶するなどに応用する。

こういったことが書かれています。

 

「記述式・論述式試験対策」4つのステップ

1.目次を覚えて、記憶の土台をつくる

2.「風景を眺めるように」テキストを読む

3.「読んだ経験」を思い出す

4.「テキストを語る」ことで記憶が定着

これは、記述式・論述式の試験対策の方法です。

まずは、テキスト・参考書の目次を繰り返して覚える。そして、内容を覚えるためにイメージで覚える。ここまで覚えるということです。

ここから、読んだ経験を思い出すようにする。読んだテキストの中身などを思い出すようにする。ここができると、思い出せるようになるので、記述などができるようになりやすい。

また、テキストの内容を語るようにすると、記憶にも定着しやすく、論述式の対策にもなるということです。

 

短時間で繰り返す仕組みをつくる

短時間でも良いので、繰り返す仕組みをつくること。

これが、勉強のコツということです。

1分間を何度も繰り返す。こういうことです。

また、「エビングハウス忘却曲線」というものがあります。

もう少し長い期間だと、タイミング的には、記憶が消えやすいときに、繰り返すと良いのだろうと思います。

本を読んだら、次の日にも目次などで内容を思い出す、1週間後に思い出す。1ヵ月後に思い出す。こんなふうに繰り返すのも大切だと思いました。

 

そのために、仕組みを作ると良いのでしょうね。スマホのスケジュールに入れておいて、思い出すようにする。そんなふうにすると良いのかもしれません。

繰り返し覚える、思い出す。

その仕組みをつくって、実行する人が、記憶できて勉強ができる。

こういうことなのではないか。そんなことを思ったので、やってみようと思います。

 

「1分スピード記憶」勉強法

「1分スピード記憶」勉強法

 

 

こちらの記事もどうぞ

なぜ大人の勉強には目標が不可欠なのか?『脳が冴える勉強法』

脳が冴える勉強法―覚醒を高め、思考を整える (NHK出版新書 369)

脳が冴える勉強法―覚醒を高め、思考を整える (NHK出版新書 369)

 

 

次の記事

『脳と気持ちの整理術』気になっていることを減らしていく5つのステップ

広告を非表示にする