読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

「時間がない」から、なんでもできる!

時間がない。

忙しいと、そんなことを、ついつい言ってしまう。

そういうことはありますよね。

 

自由になる時間をもっともちたい、そんなことをこのところ考えています。

ということで、こちらの『「時間がない」から、なんでもできる!』を読んでみました。

 

「時間がない」から、なんでもできる!

「時間がない」から、なんでもできる!

 

普通、時間がないから、何もできない、ということを思います。

実際、時間がまったくなければ、何もできません。

この本のタイトルが言いたいことは、時間が少ないと、やりたいことに集中して、行動することができるから、どんどんやりたいことができるようになっていくということ、だろうと読んでみて思いました。

 

時間の節約ではなく、一分間の価値を高める

物理的にはどれも同じ一分です。

でも、どう使うかで、その一分の価値は大きく変わってくる。

偉業を成し遂げた人の時間というのは、その密度がすこぶる高かったのではないか。たとえば同じ一分でも私のそれに比べたら、ずっと価値が高く密度が濃いものではなかったのか、と。

この本は、著者の吉田穂波氏が、海外留学の際の経験をもとに、主に書かれています。

吉田さんは、4児の母で家事もしながら、留学をされたということです。

そんな吉田氏は、時間の節約よりも、時間の価値を高めようと考えたそうです。

 

時間がないからできないと考えると、どうにか時間をつくろうと思うでしょう。

しかし、そうではなく、時間の価値を高めると考えると、一分でも大切にしようと思えるし、行動も変わってくるということです。

時間の余裕を作るというのも大切だと思います。

しかし、できた時間を有効に活用しないのであれば、あまり意味は無いでしょう。

時間の価値を高めるという考えてみると、変わってきそうだと思いました。

 

手帳を午前3時スタートに書き換える

午前3時に起床して、3時間ほど勉強するそうです。子どもが起きてくる前の時間を勉強の時間にしたとのことです。

就寝は、子どもと一緒に午後8時ということです。

いつ何をやると良いか。

時間をずらしたことで、やりたいことをできるようになったとのこと。

自分がやりたいことを、いつやるか。

こういうことを考えるのも、やりたいことをできるようになる一つの工夫です。

 

目標と時間。時間の密度を高める

このところ、私は自分の目標について考えていました。

考えているなかで、時間がなくて、なかなかできない。そんなことを思ったりしていました。

目標があると、行動したくなってくる。

しかし、あまり時間がない。

だから、時間の使い化などを工夫したいと、その手の本を読むなどして参考にしようと思ったのでした。

おそらく、この本の著者の吉田さんもやりたいこと(留学)ができて、そこからどんどん行動していくなかで、時間の密度を高める、時間の価値を高めようと考えたのだと思います。

時間がないからこそ、価値あることを行って、価値を高めようということです。

 

時間をつくる、余裕をつくるということに加えて、価値を高めるということも考えようと、 この本を読んで思いました。

 

「時間がない」から、なんでもできる!

「時間がない」から、なんでもできる!

 

なぜ時間を有効に使えないのか?成果は何で決まるのか?『レバレッジ時間術』

 

 

これだっ!という「目標」を見つける本

【ダイジェスト版マイ・ゴール】これだっ!という「目標」を見つける本

【ダイジェスト版マイ・ゴール】これだっ!という「目標」を見つける本

  • 作者: リチャード・H・モリタ,ケン・シェルトン,アーサー・R・ペル,スコット・デガーモ
  • 出版社/メーカー: イーハトーヴフロンティア
  • 発売日: 2007/01/10
  • メディア: 単行本
  • 購入: 3人 クリック: 51回
  • この商品を含むブログ (16件) を見る
 

 

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

 

 

広告を非表示にする