読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

図で考えて問題解決する『図解思考50のルール』

頭の整理をしたいときにどうすると良いでしょうか?

書き出すというのは一つの方法だと思います。とくに、図解で書くことができれば、わかりやすいです。

ということで、今日は、『図解思考50のルール』を読みました。

イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール

イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール

 

 本のタイトルにあるように、この本では、図が50個紹介されています。

そして、どのように使うことができるかの説明がされています。

有名な図もあれば、あまり知られていないだろう図もあります。気になったものをいくつか紹介します。

 

プロセス・ボックス

仕事のプロセスをダイアグラムに書いて、それらをつなげていく、という図です。

 

情報収集 → 質問 → 統合

 

こんな感じのプロセスを矢印でつなげていくという書き方です。

流れを説明するときに使うと良いということで、時間の経過を伝えるのに良さそうです。

注意点としては、プロセスにもれがないかと、つながっているかということでしょう。

仕事の手順やプロセスを説明する際に使いたい図です。

 

チームリーダーの役割サークル

円を書いて、その中を十字で4分割する。それぞれに、役割を書いておくという図です。

この本では、チームリーダーに必要な4つの役割が紹介されています。

1.指示する、2.教える、3.サポートする、4.動機づける

 

これは、4分割になっていますが、円を分割してその一つにずつに書くというのは、円グラフなどであります。

円を何分割化してその中に項目を入れるという図です。

あまりに分割し過ぎると見えにくくなってしまいますが、4つにこだわることはないように思いました。円で表現したいときには、こういう図で書くというのもありです。

 

流れ、量、関係などを図で表す

どういう図で考えるか、どういう図を書くか。

何を表現したいかを決めてから書いてみると、わかりやすい図になりそうだと思いました。

表現したいことを決めたあとに、この本で紹介されている図を目次などから選んでみて、書いてみる。

そうすると、自分にも他人にも、見たらわかる、見たら伝わる図を描けるのではないでしょうか。

たぶんなのですが、図で表現するのがうまい人というのがいると思いますが、そういう人は、たくさんの図解を知っている、表現したいことに合う図を描けるということだと思います。

そこに近づくために、こういった本を使ってみると良さそうです。

 

イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール

イギリス式シンプル問題解決法図解思考50のルール

 

 

図で考えるとすべてまとまる

図で考えるとすべてまとまる

 

 

Kindle Paperwhite

Kindle Paperwhite

 

 

こちらの記事もどうぞ

『脳と気持ちの整理術』気になっていることを減らしていく5つのステップ

広告を非表示にする