読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

本屋に行くことが、趣味?

趣味は何か?と聞かれると、困ることってありませんか?

とくに趣味がない人もいると思うので。

というかわたしは、とくに趣味らしい趣味があるわけでないのですよね。

 

で、たいてい、読書とか映画鑑賞とか、言ったりするわけですが。

 

わたしの場合は、本屋に行くことが、「趣味」。

かもしれません。

 

ということを、最近、気がつきました。

 

本屋に行って、いろいろと本を見てみる。

気になる本があれば、手に取ってみる。

そして、おもしろい本があれば、買う。

何も買わないときもある。

 

そんなことを本屋でするわけですが、時間をつぶすためではないですし、かと言って、仕事ではもちろんありません。

そうなると、趣味なのかもしれません。

 

仕事でもなく、暇つぶしでもないから、趣味。

 

それなりに腑に落ちるところはあるのですが、あまり「本屋に行くこと」や「本屋めぐり」が趣味というのは聞いたことがないのですが、そういう人は多いのでしょうか。

なんとなく、「本屋に行くのが趣味です」というのは、どこか恥ずかしいような気もします。マイナーだからなのか、他に趣味がないのかというところもあるような。

 

なんてことを日曜日なので考えたりしています。

で、日曜日で休日なので、あとで本屋にでも行こうかと。

そんなことを考えていると、やはり本屋に行くのが趣味なのかもしれません。

 

本屋に行くのが好きって人は、どれくらいいるのでしょうか。趣味っていう人もいるんでしょうかね。

 

片づけ・整理整頓に参考になる本10冊 - 読書で本から学ぶブログ

 

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

人生で大切なことは、すべて「書店」で買える。

 

こんな記事もどうぞ

参考になるおもしろいと思える本を見つける7つの方法 - 読書で本から学ぶブログ

広告を非表示にする