読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

自分の頭で考え続けるには?『長考力』

本2016 今日読んだ本の感想

自分の頭で考えることが大切とはよく言われます。

こちらの『長考力』を読みました。

 

長考力 1000手先を読む技術 (幻冬舎新書)
 

将棋の佐藤康光九段が書かれたものです。

将棋は頭で考えて、打っていくものですね。

この本では、どんなことを考えて、佐藤棋士が、将棋をやっているかといったことが書かれていました。

 

なぜ日々の訓練が必要なのか

詰将棋とは、正確な「読み」のトレーニングであると同時に、「読み切れなくても判断できる」状態を保つためのメンテナンスでもある。一見矛盾するようだが、「読むこと」の積み重ねが「読まないこと」を可能にしているのだ。

将棋は、玉を取ったものが勝ちます。

そのために、詰将棋として、玉を詰めるトレーニングをするのですが、それは、読み切れないとしても、判断できる状態にするためということです。

そして、この本で何度か出てくるのですが、読まないこと、考えないこと、それが、読むことを成り立たせている。

時間が有限の中で将棋は行います。

ずっと考えていて良いわけではありません。

そうなると、考えるにしても、すべては考えられない。

だから、考えなくて良いことは考えないと判断できること、捨てることが、ポイントになってきて、それは、日頃のトレーニングによってできるようになるということです。

 

モチベーションの源泉

将棋へのモチベーションをどうやって保つかは棋士によるだろうが、私はやはり未知への挑戦に強い魅力を感じている。

佐藤棋士は、未知への挑戦にモチベーションの源泉があるということです。

だから、新しい戦い方、新しい手を見つけるのが楽しいということで、そういう将棋を指したいと考えているとのこと。

 

長く考える。

そのための、モチベーションがどこにあるか。

モチベーションは、維持することがむずかしかったりしますよね。

長く続けるには、モチベーションを維持しないと続かない。

その自分なりの源泉を見つけておくと、続けるというのができるのかなと思いました。

 

自分の頭で考え続けるには?

この本の中で、佐藤棋士が9年も考えて、新しい手を見つけたという話が出てきます。

ずっと考えていたわけではないと思いますが、どこかで引っかかっていた。

そういうことを忘れずにいる。

そうすると、答えが見つかることもある。

そんな例として、印象に残りました。

あなたの話はなぜ通じないのか?7つの質問で想いが伝わる『話すチカラをつくる本』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)

話すチカラをつくる本 (知的生きかた文庫)

 

 

考えないと伝わらない。考えるのは、問いを立てることから こういうことを考えていないから、伝わらない。 そういうのはあるのだと思います。

あなたの話はなぜ通じないのか?7つの質問で想いが伝わる『話すチカラをつくる本』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

考えるのは問いを立てることから、ということが、『話すチカラをつくる本』にありました。

疑問に思ったことを、忘れないでいる。

これが、自分の頭で考え続けるということなのかもしれません。

『長考力』

長考力 1000手先を読む技術 (幻冬舎新書)
 

考え続ける。

なかなか大変なことだと思います。

考えないで済むなら、考えないでも良いと思いますが、それだと、答えが見つからなかったりします。

進歩がないというか、今までどおりになってしまう。

そうなると、成長にはつながらないですね。

だから、考える、考え続ける。

そこには、疑問に思ったことを、答えが見つかるまで、考えようとすることが大切なのだろうと思います。

なぜ?を持ち続ける。

そういう姿勢が、長考力につながる。

そんなことを、この本を読んで、感じました。

 

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

Kindle Paperwhite Wi-Fi、ブラック

 
関連記事
広告を非表示にする