読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

繰り返し本を読むことで、自分ができないことを知る

以前も書きましたが、このブログを始めてから、同じ本を繰り返し読むようになっています。

本を読み返すことで得られる3つのこと - 読書で本から学ぶブログ

 

それまでは、あまり同じ本を繰り返して読むようなことはしていませんでした。

一度読んでしまえば、それで終わりというか、一部読み返す本もありましたが、そこまで熱心には読み返すなどはしていませんでした。

 

今は、新しい本5割:読み返す5割ぐらい

新しい本を読むということに主眼があったのかもしれません。

新しい本9割:読み返す1割。

昔はこんな感じだったような気がします。

 

今は、新しい本5割:読み返す5割ぐらいでしょうか。

そのときどきで違ってきますが、このブログを始めてから、読み返すことのメリットを感じるようになって、再読することが増えました。

 

改めて自分ができていないことを知る

メリットとして一番大きいと感じるのは、再発見というか、自分ができていないことを知ることができるというところだと思っています。

読んでやってみようと思って、できたこともあれば、昔やっていたけれども、今はやっていないことやできそうにないことなどもあります。

そして、もちろん、もっとやったほうが良いことでできていないことを、改めて見つけることもあります。

そして、またできるようにしようと思って、やってみる。

この繰り返しのようになってきています。

それでも、まだまだではありますが。

 

ブログでも再度紹介しようかと思っています

ブログでは、一度紹介した本は、あまり再度紹介するということはしていませんが、読み返したりしている本もあります。

そうすると、やはり再発見があります。

ブログの読者のことを考えると、何度も同じ本を紹介するのはどうなのだろうと思って、紹介してきていませんでした。

ただ、これからは、再度紹介するというのもありかなと思っています。

自分がやったことやうまくできなかったことなども書いてみるのもありかもしれません。

そんな感じで、少し変えてみようかと思っています。

 

こちらの記事や本もどうぞ

熟読するのはなぜ大切か?『読書の技法』佐藤優

 

読書の技法

読書の技法

 

 

広告を非表示にする