読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

伝わるように書くために『シンプルに書く!伝わる文章術』

今日読んだ本の感想

今日は、こちらの『シンプルに書く!伝わる文章術』を読みました。

シンプルに書くと、伝わりやすくなるなどと言います。

では、シンプルに書くとはどういうことでしょうか?

シンプルに書く!  伝わる文章術

シンプルに書く! 伝わる文章術

 

目次

第1章 文を分ければシンプルになる
第2章 言葉を削るとより多く伝わる
第3章 無用な飾りを取り去る
第4章 的確に書く
第5章 分かりやすく書く
第6章 長文をシンプルに構成する
第7章 共感が得られるように書く
第8章 視覚的な効果を考える

この本では、8章40項目ぐらいのシンプルに書くコツについて書かれています。

その中から参考になったところを紹介します。

 

述語を早く示す

日本語は、最後の述語で意味が確定します。ですから、なかなか述語が現れない長い文は、頭が疲れてしまいます。途中の言葉を全部覚えておいて、文末まで来なければならないからです。

 「結論を先に言う」と、似ているところがあると思いました。

よくあるのは、主語や修飾語が長くなる、というものです。

自分が考えているそのままに書いてしまって長くなるのでしょう。

主語述語を近くする。述語を早く示す。

こうすると、意味を取りやすくなるので、理解しやすくなるということです。

 

言いたいことからズレているのに気づく

文章がなかなか書けない時は、「考えが未整理なのではないか」「言いたいことが、はっきりしていないのではないか」と、まず疑ってみてください。

 次に、「浮かんで来た言葉が、自分の言いたいこととピッタリ合っているか」というチェックも行ってください。

言いたいことと書いている文章が合わない。そういうときがあります。

そんなときは、言いたいことが整理できていないのではないか。

こう考えてみる。

そして、言いたいことをはっきりさせる。

そうしてから、再度書きなおしてみると、わかりやすい文章になりやすいということです。

 

文章が書けない時は、言いたいことが明確になっていないときかもしれません。

言いたいこと、伝えたいことを、はっきりさせる。

そこを考えてみると、文章を書けるようになりやすいです。

 

主語や主題を断りなしに変えない

書き手は頭の中で自由に考えを巡らせることができますが、断りなしに主語や主題を変えてしまうと、読み手は戸惑ってしまいます。

主語や主題を断りなしに変えない。

断りなしに主語や主題を変えると、戸惑ったり、言いたいことがわからなくなったりするということです。

この本で紹介されている例で言うと、フランスのカフェの話をしている途中で、イタリアのカフェの話を出してくると、フランスのカフェの話をしたいのか、イタリアのカフェの話をしたいのか、それともカフェの話をしたいのかなど、わかりにくくなるということです。

もし変えたいのであれば、説明して「断り」を入れると良いのでしょう。

とくに主題を変えるときは、説明が必要。

覚えておきたいと思いました。

 

シンプルな文章とは?から伝わる文章を考える

シンプルな文章と伝わる文章。

イコールでつながるものではないかもしれません。

だとすると、シンプルな文章を考えて、そこから伝わる文章とはどういうものか、ということを考えるのは有益だと、この本を読みながら思いました。

 

伝わらない文章でも良い。

そういう考え方もあるかもしれません。

ただそれでは、わかってもらうことはむずかしいでしょう。

もし自分の言いたいことをわかってもらいたいのであれば、伝わる文章を考えてみる。

そのために、シンプルな文章とはどういうものか一度知ってみる。

その先に、伝わる文章を書くということがあるような気がしました。

 

この記事では、この本から3つほど紹介しました。他にもシンプルに書くことにつながることが紹介されています。シンプルに書く。伝わる文章を書きたい。そういう人は読んでみると良いと思います。

シンプルに書く!  伝わる文章術

シンプルに書く! 伝わる文章術

 

 

こちらの記事と本もどうぞ

文章力をつけたい人のための『文章力の基本』テクニック

文章力の基本

文章力の基本

 

 

広告を非表示にする