読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

読書は「本を読む」ではなく「謎解き」と考えてみると面白くなるかも

読書があまりおもしろくない。そういう人も結構いるのではないかと思います。

私も、読書自体が楽しいというわけではないような気もします。

読書の「体験」が楽しいというか。

 

とくにビジネス書は、おもしろいものもあれば、あまりおもしろくないものもあります。文章などで工夫があるわけでなかったり、難しい本は、途中でつまらなくなりますよね。

 

それでも、そういう本でも、おもしろく読めるかもしれないのは、「謎解き」だと思えば少しは楽しくなるかもしれません。

 

ハリー・ポッター」は、空前のベストセラーですが、ハリーの出生の秘密や悪役がいったい誰なのか、という謎解きのような部分があって、そこがおもしろさを増しているような気がします。

魔法などもおもしろいですけれども、謎解きのような部分がなければ、おもしろさは半減してしまうでしょう。

 

ビジネス書も、自分で勝手に謎解きのように読んでみると、変わってくるかもしれません。

 

「この本は、何を言いたいのか?」

「この本で、一番大切なことは何か?」

「この本を、もっと良くするには?」

「この本は、誰におすすめできるか?」

「この本を、活用するにはどうすると良いか?」

 

などなどの、疑問を持って読んでみると、ただ読むだけよりも、楽しめるのではないでしょうか。

ただ文面を追っていって理解する。

それでももちろん良いのですが、自分でこういう工夫などをしてみたら、もっと楽しく有意義に、読書ができるかもしれません。

意識や考え方が違うだけですが、読んでいる最中、読んだ後が変わってくると思います。

 

 

 

 

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

読書は1冊のノートにまとめなさい[完全版]

 

 

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

読書の技法 誰でも本物の知識が身につく熟読術・速読術「超」入門

 

 

広告を非表示にする