読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

記憶や文章の、技と心【学び】

週の学び

今週は、文章術の本を中心に、時短術や記憶についての本を読みました。

いくつか考えさせられることもあったので、年度末でちょっと忙しかった感はありましたが、充実した週でしたね。

 

技も心も大切。

一言で言うと、そんなことを感じた週でした。

 

『絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ』

疲れ果てる前に『絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ (アスカビジネス)

絶対に残業しない人の時短(しごと)のワザ (アスカビジネス)

 

時短したいですよね。

私も、もう少し時短したいですし、残業はなるべく避けたいです。

細かい技が紹介されていました。

こういう細かい技の積み重ねも大切だなと改めて思います。

時短したい。

そういう人が読んでみると良いですね。

 

『20歳の自分に受けさせたい文章講義』

どうすれば文章が書けるのか?『20歳の自分に受けさせたい文章講義』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

20歳の自分に受けさせたい文章講義 (星海社新書)

 

文章をどうしたら書けるか?

これは、文章を書くのが苦手な人には、今の時代、結構な課題のように思います。

どうすれば、文章を書けるか?

これが気になる人は読んでみると良いですね。

こうすると文章が書けるのか、というヒントがわかると思います。

個人的には、このあたりはもう少し考えてみたいですが、こういうことなのかなというのは、わかってきたように思えました。

 

『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』

『ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

ごく平凡な記憶力の私が1年で全米記憶力チャンピオンになれた理由

 

 記憶力。

私はあまり良くありません。

この本で紹介されている方法でやってみると、記憶力が良くなりそうかもと思いました。

さすがに、全米チャンピオンになるといったことはむずかしいと思いますが、少なくとも知らないよりは、知っていると違ってくることだと思います。

記憶力が良くなると、理解力が高まるとか、表現力が良くなるなどありそうです。

記憶力と文章の関係は?記憶と記憶をつなげることが、文章かもしれません - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

こちらにも書いたのですが、知らないことは書けないですから、記憶しているというのは、文章などと関係しているのだろうと思います。

 

『心を操る文章術』

人の心を文章で操るには?『心を操る文章術』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

心を操る文章術 (新潮新書)

心を操る文章術 (新潮新書)

 

 人の心を操る文章。

そういう文章も知っておきたいところかもしれません。

文章で人を動かしたい。

そういう人もいますよね。

こういうことも知っておくと違ってきますね。

 

自分の心がまずは大切なのではないかと、個人的には思いました。

 

技と心

記憶力や文章。

技の部分がありますね。

そして、自分の心の部分もあります。

技と心を変えていくと、結果も変わっていく。

そんなことを学んだので、両方考えて、変えていってみようと思います。 

広告を非表示にする