読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

会話と居場所。会話は居場所をつくるためにある(のかもしれない)

今週は、会話やコミュニケーションの本を中心に読みました。

そして、居場所についても、『もしイノ』で考えるなどしました。

 

会話と居場所について、関係があるように思えます。

 

『会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました』

『会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました

会話の達人の話し方を真似したら人見知りの僕でも楽しく雑談できました

 

 

真似することで、雑談や会話ができる。

こういうのはありますね。

 

真似して、学んで、雑談を上達。

そういうことを知りたいなら、読んでみると良いと思いました。

 

『「おもしろい人」の会話の公式』

『「おもしろい人」の会話の公式』結局、おもしろい会話とは? - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

「おもしろい人」の会話の公式 気のきいた一言がパッと出てくる!

 

 

おもしろい人は、話がおもしろい。

そういう傾向はあるでしょう。

 

おもしろい人になりたい。

気の利いたことを言いたい。

そういう人に、参考になります。

 

『会話が弾むのは、どっち!?』

『会話が弾むのは、どっち!?』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

会話が弾むのは、どっち!? - 今すぐ身につく、使えるテクニック33 -

会話が弾むのは、どっち!? - 今すぐ身につく、使えるテクニック33 -

 

 

会話が弾まないで、気まずくなる。

そういうことはありますよね。

 

会話が弾むのは、二択でどちからということが書かれています。

弾む会話、気まずくならない会話を知りたい。

そういう人に、ヒントがあると思いました。

 

『大人のための会話の全技術』

『大人のための会話の全技術』コミュニケーションは訓練しないと鍛えられない - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

大人のための会話の全技術

大人のための会話の全技術

 

 

会話の技術が書かれています。

雑談についても書かれています。

 

会話がうまくなると、成果も変わってくる。

そういうところがありますよね。

そんなことを頭に置きながら読んでみると、また違ったことがわかってくるように思いました。

 

『もしイノ』

『もし高校野球の女子マネージャーがドラッカーの『イノベーションと企業家精神』を読んだら』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

 

 

イノベーションの話なのですが、「居場所」の話でもありました。

イノベーションと居場所の話とも言えるでしょう。

 

イノベーションや居場所がきになる人は、読んでみるとおもしろいと思います。

 

会話と居場所

ある意味、会話やコミュニケーションが下手だと、居場所をつくるのはむずかしい面があって、逆に、会話がうまかったりすると、居場所をつくりやすかったりもするでしょう。

居場所をつくるために、会話を上達したいという人もいるのかもしれません。

そして、とくに日本では、居場所を欲しいと思う人も多いのかもしません。

仲間はずれが怖いというのがあると言われたりしますから。

 

こういうことが少なからずあるとしたら、会話が「うまい」ことは、やはり「得」なところがあるでしょうし、会話が「下手」だと、「損」なところがある。

 

会話は、居場所づくりのためのもの。

そんなこともあるのかもしれない。

こんなことを、今週は、考えるなどしました。

広告を非表示にする