読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?』

1円、大切にしていますか?

私は、そこまで大切にはしていないような。

今日は、こちらの『稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?』を読みました。

 

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?

 

 

稼ぐ人は、なぜ1円玉を拾うのか?

稼ぐ人に話を聞くと、一様に「1円は大事です。1円も1万円も同じ大事なお金ですよ。1円玉と1万円札を違うもの、と考えるのはおかしい」と返ってくるのです。

1円でも1万円でも、お金はお金。

お金としては違いはありません。

 

だから、1円玉が落ちていたら拾うだろうということです。

 

1円を大事にする

「1円を軽んじる人に、大きな仕事を任せられない」

これは、稼ぐ経営者であればだれしも思っていることです。

 小さいことだから、軽んじていいということでもないでしょう。

 

大きなことを大切にするのは、当然です。

だから、100万円と10万円の仕事があってどちらかしかできないなら、お金だけを考えるなら100万円の仕事を行うという選択になるでしょう。

 

しかし、だからといって、仮に10万円の仕事を請け負って、手を抜いて良いということにはなりません。

少ないから、軽んじて良いというわけではない。

大きい・多いから、大切にするというのはありですが、少ないから軽んじるのはなしということでしょう。

 

貯金の大切さ

このところ、貯金が大切だなと思っています。

この『稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?』でも貯金の方法が書かれています。

1円でも貯めていこうとすることが、貯金につながっていく。

『賢い人のシンプル節約術』買い物欲を買い物以外で満たす - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

節約も、1円を大切にするという気持ちで行うと、貯金につながっていくのだと思います。

1円をバカにしない

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?

稼ぐ人はなぜ、1円玉を大事にするのか?

 

1円玉。1円。小銭。

あまり大切にしていなかったかもしれません。

それでは、なかなか貯金にはつながらないかも。

そんなことを、この本を読んで思いました。

 

「1円を笑うものは、1円に泣く」

こういうことは現実にはないのではないかと思います。

ただ、この言葉でわかったほうがいいのは、ことの大小で判断していると、小さいことでうまくいかないこともある。

こういうことなのではないでしょうか。

お金について言えば、1円も大切にする人は、1万円も大切にするでしょう。

1円を、もっと大切に考えよう。

そんなことを思いました。

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

 

広告を非表示にする