読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

人は、自分を「正しい」と思いがちだから、問題が起こる『自分の小さな「箱」から脱出する方法』【読書・本】

『嫌われる勇気』を読んで、『自分の小さな「箱」から脱出する方法』この本のことを思い出したので、再読してみました。

嫌われる勇気についての感想は、以下に書いています。

『嫌われる勇気』を読みました - 読書で本から学ぶブログ

嫌われる覚悟よりも、愛する勇気のほうが強い - 読書で本から学ぶブログ

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (414件) を見る
 

人は、自分を「正しい」と思いがち

簡単に、この本のことを言ってしまえば、人は、自分のことを「正しい」と思ってしまうところがあって、そうなると、「箱」の中に入って、他人や世界とは、関わらないようにしがちだということです。

自分が間違っていると思いたい人は、そう多くはないと思います。

わたしも、間違っていると思いたくないです。

そして、他人に、「あなたは間違っている」と言われるのも、嫌でしょうし、そう言われることを恐れている面もあると思います。

他人に批判されると、「仲間はずれ」にされるのではないかという恐れがあるからなのではないかと。

 

自分は「正しい」「間違っていない」と思いたい

だから、自分は「正しい」「間違っていない」と思いたい。

そのために、自分は「正しい」という「箱」に入る。

そして、「箱」に入っていることは、相手を責めるなどして、相手に伝わると、相手も、同じように、お前のほうが悪いとなって、「箱」に入ってしまう。

 

お互いが、自分は「正しい」相手が「間違っている」と思うようになる。

そうなると、なかなか良い関係は築くにくくなる。

互いに、相手が「悪い」と考えるわけですから、自分が変わろうとか関係を良くしようとは考えない。

そして、人間関係が改善しない、下手をすると、悪くなっていく。

 

「箱」から出る

f:id:dokushohon:20140220162210j:plain

では、どうしたら良いのか?

「箱」から出ると良い、ということです。

相手を「悪い」と思わない。自分が「正しい」と思わない。

「箱」から出る。

 

これができると、相手も、「箱」から出てきやすくなる。

「箱」から出ることができれば、より良い関係を築きやすい。

 

相手を、人として見る

ストーリーで展開していくので、そのあたりは、本書を読んでもらうとして、本書のメッセージとしては、相手を「人として見る」ということがあると思います。

「箱」に入ると、相手を人というよりも、物のように見がちになる。

相手にも感情があると考えにくくなる。

箱から出て、相手にも感情があって、思考のできる「人として見る」。

こうすると、相手にも、自分が人として見られている、扱われているということが、通じやすくなります。

 

他人を「人間」として見る自分でいるのか

それでも、相手は変わらないかもしれません。

しかし、自分は「箱」から出て、相手を人間として見ることができている。

自分は変わったわけです。

他人を「物」として見てしまう自分でいるのか。

他人を「人間」として見る自分でいるのか。

 

そういうことなのだと思います。

自分が「正しい」ということを、手放してみる。

そうすると、他人を責めることも、人間関係を悪くすることも減るのではないでしょうか。

そして、他人を「人間」として見る自分になれるのではないか。

そう思います。

 

自分の小さな「箱」から脱出する方法

自分の小さな「箱」から脱出する方法

  • 作者: アービンジャーインスティチュート,金森重樹,冨永星
  • 出版社/メーカー: 大和書房
  • 発売日: 2006/10/19
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 156人 クリック: 3,495回
  • この商品を含むブログ (414件) を見る
 

 

 

広告を非表示にする