読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

伝わるためには、ストーリーを使うと良い。人を動かす6つのストーリー

今日は、『プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える』を読みました。

 

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

  • 作者: アネット・シモンズ,Annette Simmons,池村千秋
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2012/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

子供の頃から、多くの人が、ストーリーには馴染んでいると思います。

だから、ストーリーで伝えると、伝わりやすくなるということが、本書を読んで、よくわかりました。

何かを伝えるときには、ストーリーを語るようにしたいと思いました。

でも、このブログ記事では、語りませんが(笑)

 

人を動かす6つのストーリー

1.「私は何者か」というストーリー
2.「私はなぜこの場にいるのか」というストーリー
3.ビジョンを伝えるストーリー
4.スキルを伝えるストーリー
5.価値観を具体化するストーリー
6.「あなたの言いたいことはわかっている」というストーリー

 

人を動かすストーリーには、こんな6つのストーリーがあるということです。

 

1.「私は何者か」というストーリー

誰が語るのか、自分が誰か、ということを伝えるストーリーが必要なときに、こういうことを語ると良いということです。

自分がこれまでしてきたことや、どんなことを考えてきたのかということをストーリーとともに語ると良いということです。

ここでは、

『ビジネスマンEQ』の著者ロバート・クーパー氏が、祖父のエピソードを披露していることを、紹介しています。

そのエピソードは、クーパー氏の祖父が、死ぬ間際に、「自分の最良のものを世界に与えなさい。そうすれば、世界はおまえに最良のものを与えてくれるだろう」と教えてくれたというものです。

 

3.ビジョンを伝えるストーリー

 ビジョンをストーリーで伝える。そうすれば、人の心に響き、動かすことができる、ということです。

たしかに、ビジョンだけでも力がありますが、ストーリーで人がビジョンを見えるように語ることができれば、なお強力でしょう。

ここでは、

小さな企業のCEOが、自分のビジョンを伝えるために、画家のゴッホのストーリーを伝えたということです。

そこから、「社員が仕事に打ち込み、CEOがそれを後押ししつづければ、いまは社会で評価されなくても、いつか成功し、莫大な金を手にできる」というイメージを伝えたということです。

こういうエピソードでも、心に残るようであれば、人を動かすことになりますね、

 

このブログも

参考になる本を読み続けて、ブログにアウトプットして、実行していけば、いつか、すごいブログになるかもしれません。

そして、それが読者のためになれば、読者の方も、すごいことになるはずです。

ただのブログと考えるのか、自分を変える、読者も変えるブログと考えるのか。

違ってきますね。

自分を変えられる人は、何が違うのか? - 読書で本から学ぶブログ

 

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

プロフェッショナルは「ストーリー」で伝える

  • 作者: アネット・シモンズ,Annette Simmons,池村千秋
  • 出版社/メーカー: 海と月社
  • 発売日: 2012/11/27
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 1人 クリック: 8回
  • この商品を含むブログ (2件) を見る
 

 

 

 

 

 

広告を非表示にする