読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

厚い本を、どうやって読むか?【読書術】

本には、厚い本と薄い本がありますよね。

薄い本は、短時間で読むことができますが、厚い本は、なかなか時間がかかります。

だから、避けてしまうというところもあるかもしれません。

 

どうやって読むか?

どう読んでも良いですし、避けたいのであれば、避ければ良いですけれど、おもしろそうな本の場合は、読みたいけれど、厚いからということで、避けてしまうのはもったいないですよね。

だから、少し考えておくと良いかもしれません。

 

わたしの場合は

「はじめに」と「終わりに」を読んで、あとは、大事そうなところを読みます。

目次から、大事そうなところを探して読みますね。

(小説は、はじめからおわりへと読んでいきますが。)

はずれても良いので、大事そうなところを探して読みます。

 

参考になりそうなところを熟読する

それから、はじめから、ページをめくって、参考になりそうなところを見つけたら、熟読する。

そして、また、戻ることもあります。

戻って、よくわからないところも読む。

 

繰り返し読む

一度で終わらせないほうが良いと思います。

良書を繰り返し読む、と同じように、何度か読むと、一度だけ熟読するよりも、得られることが多いと思います。

繰り返し読むことが、厚い本でも大切ですね。

 

短時間を何回も繰り返す。

厚い本も同じなのではないかと。

 

 

 

広告を非表示にする