読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

忙しい時ほど平常心とマイペース『藤田晋の仕事学』

このところ暑い日が続きますね。

なんとなく本を読むのも、億劫になってきます。

だからというわけでもないのですが、簡単に読める本を読みたいのと仕事の本を読みたいと思ったので、今日は、こちらの『藤田晋の仕事学』を読みました。

目次
第1章 職場に不満がある人に
第2章 成長速度を上げたい人に
第3章 円滑な意思疎通のために
第4章 初めて上司になる人に
第5章 自ら考え実現するために
第6章 今すぐ結果を出すために
第7章 オフにも成長するために
第8章 藤田晋の経営者ブログ 

忙しい時ほど平常心とマイペース

多忙な時ほど平常心とマイペースを保ち、自分の成長分とキャパシティーを計算して、その範中で優先すべきものを決めるということです。

忙しい時ほど、凡ミスなどをしてしまいがちではないでしょうか。

 

これは、やはり余裕がないからでしょう。

忙しい時ほど、平常心とマイペースを意識する。

これができると、凡ミスもしなくなるでしょうし、着実に仕事を進められるのではないでしょうか。

結局、自分の能力以上のことはできないのですから、たくさん仕事があっても、平常心とマイペースでやっていくというのが、良さそうですね。

 

モノマネはダサいが成功の早道

変なこだわりでマネを拒否し、独自性に執着するのはいけません。また、いつまでもモノマネの域から脱しないのもダメです。マネから入り、経験を積んで、そこから独自性を出す。この考えが大切です。

この文章を読んで思ったのは、Appleです。

Appleは、先行はしないですよね。

今あるものを改善というか、洗練させる。

モノマネではないのでしょうけれど、すでにあるものを、改善、洗練させて、ヒットさせる。

そういうことが、ずば抜けてうまい企業なのでしょう。

マネは良くない、ダサい。そういうものかもしれません。

しかし、洗練させれば、成功に近いということです。

 

藤田晋氏の仕事の考え方がよくわかる

読みやすく書かれているので、理解もしやすいです。

藤田晋氏の仕事の考え方がよくわかります。

一見するとちょっと変わっているけれども、なるほどと思えることが多かったです。

 

dokushohon.hatenablog.com

哲学などは、そういうところがありますね。

常識とは少し違って、その説明を読むと、わかる。

そんな感じです。

 

手軽に読むことができて、参考にもなる。そんな本でした。

 

 

広告を非表示にする