読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『これだけ!プレゼンの本質』選ばれるプレゼンが満たす3つの要件

このところ、プレゼンテーションの本を読んでいます。

今日は、こちらの本を読みました。

『これだけ!プレゼンの本質』ということで、プレゼンを行う際に必要なことがわかります。

これだけ!  プレゼンの本質

これだけ! プレゼンの本質

 

 

 

プレゼンで選ばれるようになるには?

プレゼンテーションを行って、企画を通す、選ばれる。

ビジネスにおけるプレゼンの目的は、こういうところにあるでしょう。

だから、この本では、選ばれるプレゼンをするための方法、考え方、要件といったことを書かれています。

 

選ばれるプレゼンが満たす3つの要件

ステップ1 コンセプト設計

ステップ2 シナリオ設計

ステップ3 メッセージを届ける

 

こういった3つの要件を満たすと、選ばれるプレゼンになるということです。

企画が通るプレゼンになるということです。

 

3つの要件のポイント

コンセプト設計は、何を伝えるか。

シナリオ設計は、どう伝えるか流れを考える。

メッセージを届けるは、話し方などの届け方。

こういったことだと読めました。

 

プレゼンは設計・準備が大切

この本では、これらの3つの要件について、詳しく説明されています。

それらを読んで思うのは、プレゼンは、設計・準備が大切ということです。

どんなことも準備が大切ということは同じでしょうけれども、丁寧な設計・準備が、成果につながる。こういうことがわかります。

さらに言えば、設計・準備ができれば、普段は話が下手な人でも、選ばれる可能性が出てくるものでもあるだろうと思いました。

逆に言えば、話し上手な人も、設計・準備をうまくできないと、選ばれないということもあるだろうということです。

 

ツボを押さえる

そう考えると、プレゼンのツボを押さえて表現できるか、伝えられるか、ということが重要になってくるでしょう。

ここがわかっていないと、何を準備すると良いかがわからないでしょうから。

そういう意味で、こういった本で学んでみるというのは有益です。

この本のタイトルは『これだけ!プレゼンの本質』ということで、プレゼンのツボ、本質を押さえるにはちょうど良いと思います。

企画を通したいという人が読みながら、プレゼンを考えてみると、ツボを押さえたプレゼンができるようになることでしょう。

 

これだけ!  プレゼンの本質

これだけ! プレゼンの本質

 

 

こちらも参考になりますので、どうぞ

伝えたいことがあるなら読みたい『TED 驚異のプレゼン』 - 読書で本から学ぶブログ

 

プレゼンだけではもったいない『スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼンテーション』から学べること - 読書で本から学ぶブログ

 

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

スティーブ・ジョブズ 驚異のプレゼン

 

 

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

 

 

広告を非表示にする