読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

才能か努力か『才能を伸ばすシンプルな本』1時間の実戦のために5時間の練習をする

才能か努力か

才能か努力か。

よく話題になる話がありますよね。

 

才能は伸ばせるか、どうかというのがあると思いますが、能力を高めることはできるでしょう。

ということで、この『才能を伸ばすシンプルな本』を読みました。

『才能を伸ばすシンプルな本』

才能を伸ばすシンプルな本

才能を伸ばすシンプルな本

 

 

この本では、能力を高めるシンプルな方法について書かれています。52の秘訣が紹介されています。

 

1日に15分を使ってスキルを脳に刻み込む

多くの才能開発所では、スキルを脳に刻み込むというやり方を採用している。つまり、そのスキルが使われている様子を何度もじっくり見て、心の中に高精度の画像を作るという手法だ。

脳に高精度の画像を作る。

そうして、真似をしていく。

これが、能力開発になるということです。

 

イメージトレーニングということです。

できている人の真似をする。

 

そうして、スキルを脳に刻み込むことで、能力がアップしやすいということですね。

 

具体的なイメージで考える

学習しようとしている一つひとつの部分に対して具体的なイメージを描く工夫をしよう。そのイメージは詳細でなくてもかまわない。ただし、見て感じやすいようにすることが重要である。

具体的なイメージを頭の中に描く。

それも、見て感じられるようにする。

 

こういうことが、脳に刻み込みやすくするというわけでしょう。

イメージを浮かべられるようになっていると、身につけやすい。こういうことがあるということです。

 

1時間の実戦のために5時間の練習をする

最初のうちは練習の時間と実戦の時間を5対1にすると効果的だ。10対1にするともっといい。

実戦や本番の時間1に対して、5もしくは10時間かける。

こうすると、練習が効果的ということです。

 

dokushohon.hatenablog.com

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー

ー頭のいい人だけが知っているーお金を稼ぐ読書術ー33歳で3億円をつくったインプット・アウトプット法ー

 

こちらは、読書の話ですが、読書の時間の5倍考えて、10倍実践すると良いということで、やはり時間をかけることの大切さがわかります。

 

練習や準備は、本番の5倍ぐらいは、行う必要があるのでしょう。

 

1万時間の法則とイメージ

1万時間の法則というのがあります。天才になるには、1万時間が必要。

こちらの『天才!』で紹介されている話です。

天才!  成功する人々の法則

天才! 成功する人々の法則

 

 

やはり時間をかけるということは大切。

そして、ただ単に時間を使えば良いというわけではなく、イメージする。

さらに、イメージをうまくできると、能力を高めやすい。

 

こんなことがわかる本でした。

 能力を高めたい。

そういう人が読んでみると、シンプルな方法がわかります。

才能を伸ばすシンプルな本

才能を伸ばすシンプルな本

 

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi 、キャンペーン情報つき

 

 

広告を非表示にする