読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

なぜ、時間は、いつも足りないのか?

 

時間がない

今日は、ブログを書く時間があまりない。

そんな状況はありますよね。

これは、ブログを書いている人だけかもしれませんが、時間が足りないということは、よくあることでしょう。

 

朝、寝坊して、遅刻する。

夜、もっとネットをしたい、テレビを見たい。

仕事が、定時に終わらない。

 

などなど。

 

なぜ、時間が、いつも足りないのでしょうか?

いくつか理由はあると思いますが、

 

・やりたいことが多すぎる

・見積もり時間が甘い

・邪魔が入る

 

こういったことが原因ではないでしょうか。

 

やりたいことが多すぎる

休みが1日あったとして、やりたいことをやると決めたとして、あれもこれも全部やろうとしたら、24時間では足りなくなる。

仕事をしていて、仕事が多すぎて、1日8時間以上の仕事量であれば、定時では終わらないでしょう。

やりたいこと、やるべきことが多ければ、時間は足りなくなります。

これは、減らす、か、効率を上げるかですね。

 

見積り時間が甘い

どれくらい時間がかかるのかの見積もり時間が甘いと、予定通りに終わらないということがあります。

これまでやったことがないことは、たいてい3倍ぐらいの時間を見積もると、予定通りに終わります。

1時間で終わるかなと思っていることは、3時間ぐらいかかるものではないでしょうか。

経験則的に。

だから、見積りは甘くなると思って、長めに予定時間は取りたいものです。

 

邪魔が入る

仕事であれば、上司から急ぎの仕事が降ってくる。

誰かのミスで、自分の仕事を進められなくなる。

細かいところで言えば、電話がかかってくると、今やっている仕事を止める必要が出てきます。

これも防ぐには、余裕を持つということが、必要でしょう。

あとは、なるべく邪魔が入らないように、集中できるような環境をつくるということになります。

が、これは、会社で仕事をしている場合は、個人でできることは限られているような気がします。

 

時間が足りなくなる要因を減らしていく

他にも、時間が足りなくなる要因は、あるかもしれません。

やる気がでなくて、仕事が進まないとか。

そういう要因を、どんどん減らしていくことが、余裕をつくる、時間があることにつながると思います。

なかなかむずかしいことではありますが、小さなことをコツコツと、時間を貯めることはできませんが、ノウハウを貯めていって、改善していきたいものですね。

 

『桁外れの結果を出す人は、人が見ていないところで何をしているのか』を読みました - 読書で本から学ぶブログ

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?

 

 

広告を非表示にする