読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

本も読み、経験も増やそう!【読書】

【本読もうぜ!】大学生4割が読書時間「ゼロ」 平均は26.9分 - シルタス!

 

大学生4割が読書時間「ゼロ」 平均は26・9分 大学生協連の生活実態調査 - MSN産経ニュース http://ow.ly/u5amh

 だそうで、本を読む大学生が少なくなっているそうです。

 

このブログは、読書がテーマですので、読みましょう!とは言うのですが、それだけではないことも書いておきたいと思うので、この記事を書こうと思います。

 

読む人が少ないなら、なおさら読むと良いですね

本は読んだほうが良いと思います。

そのメリットは、いろいろありますし、人それぞれでしょうし、これまでも、それこそ、すごい昔から言われています。

だから読んだほうが良いですね。

しかも、読む人が少ないのであれば、なおさら良いですよね。

 

人が知らないことを知ることができるわけですから。

差別化につながるかもしれません。

 

本も読み、経験も増やす

ただ、本も一つの「媒体」です。

わたしには、本が合っているし、コストなども安いなどなど、良いところはいろいろとありますが、本や読書以外も、楽しんで、活用すると良いと思っています。

 

読書だけではなく、テレビも、マンガも、ゲームも、映画も、友人との会話も、仕事も、その他のいろんな経験も、どんどん増やしていく。

いや、増やさなくても良いよ、というのは、人によってあると思います。

好きなことだけしたい。

そういう考え方もあるでしょう。

 

死んだら、できない

ただ、どれも死んだらできません。

どれを優先順位を高くすると良いかは、その人に合っているかとか、好きとか嫌いとか、あると思います。

本でしか知ることができないこともあると思いますし、自分で経験しないとわからないこともあると思います。

貪欲に、メディアとかにこだわらないで、どんどん取り入れたほうが良いと思います。

大学生なら。

知らないのと知っているのでは、やはり、行動や考えが変わってきますから。

 

量をこなすと得られることがある

「東大入ってから、東大ダメだと言ってみろ」というようなことが言われたりします。

それは、ハーバードでも良いのですけれど、これと似たような感じで、それなりの量をこなしてみる。

そこでしか、わからないこと、得られないことがあるはずです。

 

そう考えると、読書時間、ゼロはないかなと。

もう読みすぎての、読書時間ゼロならわかるのですけれど、ほとんど読んでいないでの、ゼロだと、ね。

食わず嫌いのようなものでしょう。

「まずそうだから、食べない」だと、もったいないこともありますよね。

 

本で、人生が変わることもあるから

まあ、もちろん、好きなことをすれば良いので、他のことにのめり込んでのゼロは、ありかもしれません。

でも、他のことにのめり込んだら、本という媒体に興味も持つこともあると思います。

そんなときには、本を手に取って、読んでみてはどうでしょうか。

本で人生が変わることもあるわけですから。

 

"読書術" - 記事一覧 - 読書で本から学ぶブログ

 

広告を非表示にする