読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『読書の方法-自分を成長させる本の読み方』人間関係で本を活用する

読書。

このブログは、読書や本のブログです。

ということで、今日は、こちらの『読書の方法-自分を成長させる本の読み方』が気になったので読んでみました。

読書の方法-自分を成長させる本の読み方

読書の方法-自分を成長させる本の読み方

 

 

本を読み通すことを目指さなくていい

本は、本当に読み通さなくていいのか?

結論から言ってしまうと、本当に読み通さなくても構いません。

もちろん、読み通しても構いません。読み通しても、読み通さなくていいのです。

「読みはじめたからには、1冊読み通さなければいけない!」という変な義務感をもってしまうと、読書が面白くなくなります。

本は、最後まで読まないと、と思ってしまうところはありますよね。

本だけではないかもしれません、映画やテレビもそうかもしれません。

途中でやめていいんですよね。

 

読みたい、読み続けたいという本を読む。

そうすると、本が面白くなります。

そうなれば、いろいろと得るところが出てくるでしょう。

 

読み通さなければと思って、義務にはしないほうがいいですね。

 

人間関係で本を活用する

読書は人間関係においても活用できます。

本を話題にすることで、人間関係を円滑にできる。

そういうことが、本にはありますね。

 

ベストセラーの話でも良いでしょうし、おもしろかった本の話でも良いでしょう。

そういうことに、本を活用できる。

 

本を話題にして、人間関係に使ってみる。

そういう活用方法もあると思います。

 

読書の2つのやり方

読書の2つのやり方『大人のための読書の全技術』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書の二つのやり方 読書には、二つのやり方があります。 一つは自分が楽しむための読書です。とにかく読んでいる時間を楽しむための読書で、たとえば、情報や知識を得ることを楽しむということもその中に含まれます。 もう一つは、読書によって何らかの武器を得ることを目的とした読書。つまり、アウトプットを意識した読み方です。 読書には、二つのやり方があるということです。 楽しむ読書と武器にする読書。 二つあるということです。

読書の2つのやり方『大人のための読書の全技術』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書には、いくつか目的がある。

それらは、楽しむための読書か、成長なり目標を達成するための読書になる。

このことは、他の本でも書かれています。

『読書の方法-自分を成長させる本の読み方』でも書かれていました。

 

成長のための読書もできると良いなと思いますね。

 

『読書の方法-自分を成長させる本の読み方』

読書の方法 自分を成長させる本の読み方 きずな出版

読書の方法 自分を成長させる本の読み方 きずな出版

 

自分を成長させるための本の読み方。

 

そんなことが書かれています。

読書会の良さや、どうやって読書会を開くかといったことも書かれています。

 

読書で自分を成長させたい。

そういう人が読むと、いろいろと得るところがあると思います。

自分なりの読書法、本との向き合い方を考えたい。

そんな人が読んでみると良いと思いました。

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット 8GB、ブラック

 

 

広告を非表示にする