読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『株式投資の学校[入門編]』個人投資家が成功しやすい4つの投資スタンスは?

株で投資をする。

といって、いきなり始めるのはちょっとむずかしそうです。

ということで、今日は、こちらの『株式投資の学校[入門編]』を読みました。

 

知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる!  株式投資の学校[入門編]

知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる! 株式投資の学校[入門編]

 

目次
プロローグ まずは株式投資のスタンスを決めよう
第1章 基本的なデータの見方と用語
第2章 数字に表れない企業の強みを分析しよう
第3章 業績データによる銘柄選別法
第4章 PERの使い方を磨く
第5章 株価チャートの分析法
第6章 配当と優待
第7章 景気や相場全体の状況をチェックする
第8章 株式投資のリスク管理
第9章 口座開設と株の売買

 

目次を見てわかるように、初めて、株式投資をする人に向けて、必要になるだろう知識が書かれています。

 

個人投資家が成功しやすい投資スタンスは?

投資期間:中期トレード

分析手法:ファンダメンタルズとテクニカルの組み合わせ

資金額:1銘柄は投資資金全体の5分の1以下で、複数銘柄に分散

投資対象:小型株(時価総額300億円以下のもの)

こういった投資スタンスだと、個人投資家が成功しやすいということです。

 

個人投資家と言っても、資金の多い少ないはあるでしょうし、知識の違いもあると思います。

ここでは、たくさんのお金はないけれども、これから株式投資を始めたいという人が対象ですね。

 

それぞれの説明についても、この本では書かれています。

5銘柄ぐらいだと、管理もしやすいので、5分の1以下にすると良いのでしょうね。

 

リスクに比べ期待リターンが大きい銘柄を狙う

「リスクよりも期待リターンのほうがかなり大きい案件に投資する」という考え方が大事です。

 

これは、確実に儲けたいなら、基本というか当たり前だと思いますが、リスクよりリターンのほうが大きい株に投資するということです。

 

リスクのほうが高いと、損をする可能性が高くなります。

確実性を考えると、そういうものには手は出さないほうがいいということです。

 

お金持ちの方程式

『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

こちらの『お金持ちになれる黄金の羽根の拾い方2015』で、お金持ちの方程式が紹介されていました。

 

資産形成=(収入ー支出)+(資産×利回り)

 

ということで、利回りをどうするか、ということがポイントになってきます。

 

資産でどう稼ぐかという話です。

そこで、株式投資というのは、1つの方法としてありますよね。

 

『株式投資の学校[入門編]』基本などがわかりやすい

知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる!  株式投資の学校[入門編]

知識ゼロでも大丈夫! 基礎から応用までを体系的に学べる! 株式投資の学校[入門編]

 

この他にも、株価チャートの見方や、会社四季報からの銘柄の選び方なども書かれています。

 

サラリーマンが、これから株式投資を始めたい。

そういうときに読んでみると、基本的な知識が得られる本ですね。

説明がわかりやすかったので読んで良かったです。

ファイナンシャルアカデミー「お金の教養講座」

広告を非表示にする