読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

成功する整理収納4ステップ『片付けたくなる部屋づくり』

片づけが苦手、片付けたくない。

そんな人は、こちらの『片付けたくなる部屋づくり』を読んでみると、片づけがしたくなってくるかもしれません。

 

目次

Chapter 1 整理収納の考え方
Chapter 2 Kitchen
Chapter 3 Living
Chapter 4 Closet
Chapter 5 Laundry & Lavatory
Chapter 6 ラクしたがりの掃除術
Chapter 7 もっと! ラクになる暮らしのアイデア  

収納整理について、考え方から、キッチン、リビング、クローゼットなどの場所別にその方法が紹介されています。

成功する整理収納4ステップ

1 放置しない
2 モノを全部出す
3 モノを分類する
4 収納とマッチさせる

 

こんな収納のステップを踏むと、整理収納がうまくいくということです。

モノを分類して、使用頻度の高いものを取りやすいところに置く。
このために、上記の4つのステップを踏んで整理すると良いということです。

たしかに、これらを行うと変わりそうです。

ただ、その前に、モノを減らすということが必要のように思います。
使わないものは、処分するなり、人に譲るなりしたいところです。


「買わされない」買い物のすすめ

本当に心から欲しいと思い、永く使える「質のよいモノ」に出合う努力をする。そして自分の「適量」を冷静に見極める。その方がよほど、お財布に優しく、心を満たしてくれる所有の仕方だと思います。

セールなどでお得だからと買ってしまって、結局使わない。

こんなふうになってしまったら、お金も買ったものももったいないですね。

 

自分が本当に欲しいモノを買う。

こうすることで、買わされないようにする買い物ということです。

 

モノが増えたのは、たいてい自分で買ったからでしょう。

なるべく買わないようにしたいところです。

自分が本当に欲しいモノだけを買う。

こう考えると、あまりモノが増えないようになるのではないでしょうか。

 

アイテムを白でまとめる

玄関から丸見えのランドリーラック。家に入るとすぐ目に入ってくる風景だからこそ、情報量を少なくして、雑然と見せないよう心がけました。

そこで追求したのが、アイテムの色は白を選ぶこと。

同じ色でまとめると、統一感が出ます。

雑然としたように見えなくなれば、少し雑然としても大丈夫かもしれません。

統一感があれば、片づけもしたくなるということもあるでしょう。

 

いずれにしても、きれいに見えます。

色を統一する。

ちょっとした工夫ですが、きれいに見えやすいですね。

 

心地よく住める整理収納

心地よく住める部屋の整理や収納方法について、写真付きで紹介されている本です。

写真を見ていると、自分もこんなことをやってみようと思えるような気になりました。

 

自分の部屋や家は、やはり快適なほうがいいですよね。

整理ができていると、心地良いでしょう。

 

心地よい部屋にしたい。過ごしやすくしたい。

そういう人が読んでみると、整理や収納のヒントが見つかる本です。

 

『片付けたくなる部屋づくり』

 

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

Kindle Fire HDX 7 16GB タブレット

 

 

関連記事

 

「収納が苦手」な人のための片づけ術

「収納が苦手」な人のための片づけ術

 

 

片づけられない・捨てられない性格が変わる本 【書評・感想】

「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本

「片づけられない」「捨てられない」性格が変わる本

 

 

広告を非表示にする