読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

眠るが勝ち。夜10時に寝るとなぜいいか?

今日は、こちらの『眠るが勝ち』を読みました。

眠るが勝ち

眠るが勝ち

 

夜10時に寝て、朝3時に起きる。

とも表紙に書かれています。

早く寝ることの大切さがわかる本です。

しかし、目次を見るとわかるように、睡眠以外のことも書かれています。

 

夜10時に寝るとなぜいいか

夜の10時から夜中の2時にかけては、睡眠のゴールデンタイムと呼ばれている。この間の睡眠は深いノンレム睡眠なので脳の疲れをとってくれる。

脳の疲れをとってくれるから、夜10時に寝るといいということです。

さらにこの最初の1時間半が勝負で、ここで爆睡できれば脳から成長ホルモンがどんどん分泌される。成長ホルモンには傷ついた肌と粘膜を修復し、脂肪を筋肉に変える作用があるので肉体疲労も回復できるのだ。短時間睡眠で、かつ疲れをとりたいのなら、夜10時から夜中の2時に合わせて眠るのがベストだといえる。

肉体疲労も回復できるということです。

 

夜10時に寝るには?

こうなってくると、夜10時に寝るというのはやってみたいところです。

とは言え、残業などがあったりしたら、なかなかできないような気もします。

朝早く起きて、「前業」をする。

こうすると良いということです。

残業3時間を朝30分で片づける仕事術 【書評・感想】

残業3時間を朝30分で片づける仕事術

残業3時間を朝30分で片づける仕事術

 

このことは、この本にも書かれていました。

やはり、夜は早く寝て、朝に仕事をする。

全体の時間を朝に早める、持ってくる、ずらす。

こういうことができると、違うのでしょう。

 

休日に早く寝ると良いのかも

そうは言っても、いきなり月曜日から平日に朝型にするというのは、むずかしいような気もします。

土日などの休日に早く寝ると良いのかもしれません。

そうして、頭と体の疲れを取る。

リフレッシュする。

そうして、平日も少しずつ早めにしていく。

これができると、早く眠って、早く起きて、早く出社する。もしくは朝に、家で仕事を行うなどができていくのではないでしょうか。

 

ということで、まずは土日から夜10時に寝る、眠るというのを始めてみようと思います。

 

睡眠以外のことも

この本では、睡眠以外のことも書かれています。

目次

序章 闘う体をどうつくるか―ビジネスマンよ、体の声を聞けているか
1 眠るが勝ち―サーカディアンリズムで疲れ知らずに
2 考えぬが勝ち―心身のストレス撃退法
3 食べぬが勝ち―脂質サイクルでパワー全開
4 ノーエクササイズが勝ち―倦怠感はこれで解消
5 洗わぬが勝ち―快調、快眠の入浴法
6 稼ぐが勝ち―南雲家流・社会に貢献する仕事術

 

ストレスや食事、入浴などについても書かれています。

このあたりも、興味がある方は読んでみると良いでしょう。

 

眠るが勝ち

眠るが勝ち

 
関連記事
広告を非表示にする