読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

記憶を定着させる3つのポイントとは?『記憶力の脳科学』

記憶力、良いですか?

私はいまいちよくありません。

ということで、こちらの『記憶力の脳科学』を読みました。

 

 

記憶力の脳科学

記憶力の脳科学

 

 目次
第1章 記憶力のしくみ
第2章 記憶力を高める方法
第3章 記憶術を科学する
第4章 脳指紋が「うそ」をあばく!
第5章 脳は「顔」に驚く
第6章 なぜ記憶は消えていくのか
第7章 脳科学者に聞く!記憶の疑問

 

記憶を定着させる3つのポイント

海馬にあるフィルターでふるいにかけられて、側頭葉に情報が送られ、そこにある「記憶の貯蔵庫」という引き出しに入ってしまえば、長期記憶となります。つまり「思い出」になったわけです。

そでは、海馬のフィルターに引っかからずに長期記憶となるのは、どういう経験でしょうか。そのポイントは大きく分けて3つあります。

「印象が強烈なもの」、「重要であると認識したもの」、そして「反復性」です。

 「印象が強烈なもの」、「重要であると認識したもの」、「反復性」。

こういうものが、記憶に残りやすい、海馬のフィルターを通って、側頭葉に届くということのようです。

 

となると、覚えたいことは、こういうことを意識すると良いわけですね。

 

「印象が強烈なもの」、「重要であると認識したもの」、「反復性」

「印象」は、なかなか変えられないですよね。

出会い頭で、そう思うかどうかですから。

 

「重要」かどうか。

これは、自分で決められるでしょう。

覚えたいこと、覚えないとならないことは、重要だと思う。

無理矢理でも、そう思うと、そう思っていないよりは覚えられるはず。

 

そして、「反復性」は、繰り返すことですね。

何度も繰り返す。

忘れそうになるときに繰り返すと良いでしょうから、エビングハウス忘却曲線を考えて、繰り返すと良いのでしょうね。

覚えられないときに、意外とできない・やらないのは、ここなのかもしれません。

 

「覚える時間」と「練習する時間」の理想的な比率

『脳が認める勉強法』「覚える時間」と「練習する時間」の理想的な比率は? - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

脳が認める勉強法――「学習の科学」が明かす驚きの真実!

 

 

「覚える時間」と「練習する時間」の理想的な比率とは? 『ヘンリーⅤ世』の「聖クリスピンの祭日の演説」を最短で暗唱できるようになりたいなら、最初の3分の1の時間を覚えることに使い、残りの3分の2を暗唱の練習に使えということだ。 覚えているかどうかを確かめるには、テストするのがいいということです。 その前に、どうすると、記憶に残りやすいかというと、まず3分の1の時間を使って覚えて、そのあと3分の2を繰り返したり確認したりすると良いということです。

『脳が認める勉強法』「覚える時間」と「練習する時間」の理想的な比率は? - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

記憶は、「覚える時間」と確認して「引き出す時間」があります。

 

こちらの『脳が認める勉強法』によると、その時間の比率は、3分の1の時間で覚えて、3分の2で確認すると良いようです。

こういうことも考えると、比較的効率的に記憶ができるのではないでしょうか。

 

 『記憶力の脳科学』

記憶力の脳科学

記憶力の脳科学

 

本書を読んでみて思ったのは、脳科学的に考えると、記憶の王道というものがあるのだなということです。

一方で、邪道というか、記憶を良くする食べ物とか、記憶法というものは、これというのがないということがわかります。

記憶に近道はないのかもしれません。

残念ながら。

簡単に記憶力が上がると良いのですが。

東大生も愛用する暗記法!忘れやすい英単語もガッチリ覚える【祐樹式暗記力養成講座】

 

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

Kindle Paperwhite (ニューモデル) Wi-Fi

 

 

広告を非表示にする