読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

読書日記、本の紹介。その他、考えたことを書いています

follow us in feedly

『たった一晩で疲れをリセットする睡眠術』

本2015 今日読んだ本の感想

睡眠で、疲れの取れ具合が変わってきますよね。

 

ということで、今日は、こちらの『たった一晩で疲れをリセットする睡眠術』を読みました。

たった一晩で疲れをリセットする睡眠術

たった一晩で疲れをリセットする睡眠術

 

 

良質な睡眠を得るための3つの条件

良質な睡眠を得るための条件として、睡眠環境や体温リズムを整えること、そしてリラックスすることが挙げられます。

 

・睡眠環境

・体温リズム

・リラックス

 

この3つが、良質な睡眠に関係しているということです。

 

うるさかったり、明るかったりしたら、なかなか良い睡眠は取れないでしょう。

体温のリズムが、睡眠の深さに関係しているそうです。

そして、リラックスできるかも、睡眠の質に関係しているとのこと。

 

たしかに、こういったことが、睡眠に関係しているようです。

そして、この本では、これらを整える方法について書かれています。

 

疲労度が高い時の睡眠技とは?

役立つのが、入浴です。

お風呂は血液循環をよくするので、全身に栄養を運んでくれます。また、体温は上がり血管も拡張するので、熱放散も進み、就寝前の体温がスムーズに下がり、睡眠の準備が整います。すると、成長ホルモンが多く分泌される良質な睡眠が取れ、結果として身体の疲れが取れるのです。

お風呂に入る。

疲れが取れますよね。

 

睡眠にも良いということです。

疲れているとき、良質な睡眠を取りたいとき、お風呂に入りたいですね。

 

やはり、シャワーだけよりも良いようですね。

なるべく時間をつくって、お風呂につかりたいと思います。

 

眠る前の時間

眠る前の時間が、睡眠に大きな影響があるというのが、わかります。

 

脳が冴える快眠法・質の高い睡眠習慣のつくり方 - 読書で本から学ぶブログ【書評・感想】

こちらの『脳が冴える快眠法』で、眠る前の時間を改善したら、少し睡眠の質が上がったように思います。

眠る前の時間が大切ということが、よくわかりました。

 

睡眠の習慣を考えたい人は、こちらもどうぞ。

 

『たった一晩で疲れをリセットする睡眠術』

たった一晩で疲れをリセットする睡眠術

たった一晩で疲れをリセットする睡眠術

 

 

入浴以外にも、睡眠環境の作り方や睡眠のリズムの変え方なども書かれています。

質の高い睡眠をしたい。

 

そういう人が読んでみると、試してみようと思うことが見つかる本ですね。

私も、いくつかあったので、早速やってみようと思っています。

広告を非表示にする